イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

ラーメンズ/イラスト日記/コラム
イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

 タイトルイラスト エッセイ コラム 絵日記 歩こうの会  first update
生まれたときに「なんでやねん」って言ったら、産婆さんが驚いたそうですわ 2004 11/24
   

 ついこないだ、某トリビアの某泉を何気なく観ていると、高橋克実氏が

 「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!  満開激しくキボンヌ。高橋克実です。」

と発した。

 あれ?これって某巨大掲示板用語じゃない?と思い、ネットを繋げて某巨大掲示板を見ると反応大でその発言にお祭りみたいになっていた。
 知らない同士が住んでいる場所関係無く、急に同意なり意見を求めて集まれるって凄い時代だね。なんだか「昨日のテレビ観た?」って感じで明くる日に学校で小学生がはしゃいだりする感じに似てる。

 にしても構成作家もいろいろ考えて出演者に言わせてるもんだね。






 まあ、それはどうでもいいんです。
 話は先週のことになるんですけど、三軒茶屋の迷路のような裏通り世田谷線沿いを余り晴れない気分で歩いていると、進路方向の向こうで線路の上ではしゃいでいる人らがいる。またそれらを取り囲む人々もちらほら。

 はて何処かで見たような面構えの人たち・・・。



 ある程度近づくとその線路の上にいるのが、ドランクドラゴンエレキコミックバナナマンというのが分かり、どうやらその周りの人らは写真撮影をする人、マネージメントかなんかの人々というのが分かった。
 各コンビから個性の強い側の人らだけで三人いる。言い代えれば目に付く側だけ集められてる感じがする。
 ここはのどかな裏通り、彼らを珍しげに見る人も、彼らに気付いて携帯カメラで写真を撮る人も皆無だった。0だ。彼らに気付いている人たちが全然いない。
 なんだか一人で急に異空間に間違えて足を入れてしまったような感じだった。
 雑誌かなにかの撮影だろうか、線路の上でえらく高いテンションでポーズを取ったりしている。彼らの背中の向こう、線路の向こうの空がとても青い。

 芸能人を見かけたのは数ヶ月前に「さんまのスーパーからくりTV」に出演している加藤さんを池袋駅で見かけて以来だな。

 ラーメンズならともかく、マネージメントの方々もいたし、すまんがこの三組をじっくり立ち止って見る度胸は無かった。なにごとも無かったかのように通り過ぎた。一応、この三組のDVDのタイトル全部言えるし、バナナマンはラーメンズとよく競演しているし、エレキコミックはラーメンズがいる事務所の後輩だ、ドランクドラゴン爆笑ON AIRバトル繋がりか?
 全部、ラーメンズと繋げて悪いね。ここ最近、部屋でイラストなり文章を書くときはラーメンズの舞台のDVDをよく永延と回しているんでね。ずっと流してるんで既にバックミュージック代わり感覚で流しているところもある。
 ラーメンズについて書こうと思えばタラタラと私情の絡んだ駄文を書き綴ることが出来るのだが、コラムの文が去年と比べて長く長くなりつつあるので、コラムの短文化を狙ってもう書かない。〆。

 にしても、こんなところで漫才ブームの渦中の人々と偶然出くわすとは思わなかった。裏通りも通ってみるもんだ。

 関係ないが三茶は美味いパン屋が多い。



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「キャラが立っている三人」***



 最近は第三次漫才ブームとかいうのが来ているらしくて、お笑い番組が洪水のように流されている。どのチャンネル回しても何かしら「お笑い番組」を放送している。それだけに収まらず他のバラエティー番組なんかでも出てくるメンツ起用もお笑いの人で一新されつつある。

 第三次世界大戦じゃなくてお笑いで良かったが、どこもかしこも右にならえ状態でちょっとだけ辟易しつつある。
 ブームの最初の頃は私もよく「お笑い番組」を観ていたんだが、次第に「ああ、今日観なくても、また同じような番組放送するだろう。」「ああ、またこの人らか、同じネタ何回もしてるよね」と、次第にチェックしなくなった。

 こうなると、「テレビに出ることが売れていること、つまりそれはおもしろいこと」と勘違いするお笑い、また番組制作側も生まれちゃうんじゃないかな。
 テレビって手段は情報なりなんなりを観ている人に一番伝えやすい道具だけど、無防備で容易に入って来そうで一方的に勘違いも進行がちになりそうで怖いな。
 でも認知度を上げるのにはテレビは最適だし、そこから人気も生まれる可能性も多様に含んでいるからテレビってやっぱおいしいのかな。


 テレビ繋がりで、数ヶ月前に毎週土曜の朝の5:30分に放送される「週刊フジテレビ批評」を偶然観てしまった。その番組は視聴者から送られてきたメール・ハガキの意見を読んで、自局の番組の振り返るといった反省会のような番組だ。

 フジテレビのHPから抜粋させて頂くと『フジテレビの放送番組についてフジテレビ自身がチェックする「自己検証番組」として1992年4月に始まりました。』ということだ。結構隠れた長寿番組なんじゃない?
 赤ん坊が今では小学生の高学年になるくらいの年月続いてることになる。

 でも自局の番組検証なら会議室でひっそりとやればいいのに番組にしちゃうなんて、偽善的な良い子みたいな匂いもちょっとするけどもこれがまた、フジテレビが入らない地域の方には申し訳ないが、良い意見も悪い意見も全部読み上げててなかなか面白い。街中でアンケート形式で「●●って番組観てますか?どう思いますか?」と意見を求めることもある。
 番組の作り手ことディレクターなんかも呼ばれて、VTRを観ながら検証させられたり番組意図を語らせられたり、なんだか公開裁判でも観てるようだ。
 土曜の早朝にNHKの教育番組ごとくシンプルなセットでアナウンサー二人と、呼ばれた作り手だけが出演している番組。フジテレビのイメージに反して、なんの派手さも無く淡々と進んで行くが制作側の意見が真っ向に聞けて面白かった。

 下手にゴールデンタイムに放送して
 「視聴率が取れなかったか、○○ディレクターはドボン!フジテレビの玉の上からバンジーしてもらいます。おおっと、ここでチャンスカードだ。頭を8の文字に刈っても許されますよ!」
なんて色も付いてなくて良い。

 徹夜明け、偶然観たその回には「はねるのトびら」のディレクターが呼ばれていた。まだ若いな。
 「はねるのトびら」はこのお笑いブームを生んだような先駆けの番組だ。なんやかんやでレギュラー陣は今や他の番組にも引っ張りダコ状態だし。
 「はねるのトびら」の街頭インタビューが次々と放送される。ここで普通のインタビューなら、「○○さん、おもしろーい。いつも観てるよ。」的なものが流れそうだが、この番組はちと違った。
 「ああよく観てますよ。○○のシリーズ何回もし過ぎじゃない?もう飽きた。」
 「時間が早くなってから、つまらなくなった。」
 「前みたいに面白くして下さい。」

 意図的に集められたとはいえ、例え検証番組だろうとはいえ、自虐的だな。しかも酷評された作り手はスタジオに呼ばれている。
 街中の人たちの意見を聞いてディレクターも少し曇り顔だ、それでも自分の番組の面白さに自信を込めて制作にかける情熱みたいなのを熱く語っている。朝の五時半ですよ。
 聞いていると、どうやらこのディレクターは「めちゃイケ!」のディレクターを師事していたみたいで、狙うところも第二の「めちゃイケ!」のようだ。  どうりで「はねトび」は「めちゃイケ!」と同じ匂いがすると思った。メインっぽい二人も似てるし外でもよく比べられているよね。

 私が「はねトび」を初めて知ったのは関西にいる頃で、しかも関西では放送されていなかったため初対面はビデオでだった。なんの事前の知識も無く、キングコングしか知っている芸人の出ない番組のビデオをなんとなく借りて観たんだが、当初は何が面白いのかよく掴めなかったが、もう一回観てみてコント番組見ること自体久しぶりで笑う感覚が掴めてないことに気付いた。笑わそうとしてる箇所はあるんだけど、それに気付けなかった。

 その頃は「吉本超合金」など吉本の若手が体を張った企画に挑むといった番組などが好きで、あまり作られたコントより、ハプニングに巻き込まれる芸人の様を観てる方が笑えた。


 しかし、まあ今では計算され練習されたコント形式のお笑いの方が好きになってしまった。
 ハプニング的なことや、ちょっと無茶してしまいました的な笑いって、普段の日常の生活の中ででも小さなことだったらあるけど、計算された笑いっていうのはやっぱりプロの見せ場だと思う。

 でもねブームということで「お笑い」自体が過剰供給気味になって来ると質の低下を招いてしまう。叩き売りとまでは言わないけど、「笑い」「笑い」の大安売りセールが始まってしまうかもしれない。番組企画に凝るでも無く、そこそこ人気のあるお笑いの人を集めて何かさせとけば何とかなるだろうみたいな番組を多くなって来てるし、そうなると視聴者は離れて行ってしまうことだろう。
 実際、私はテレビのお笑い番組から離れてしまった。ロバートホールをビデオに録っていた自分はどこに行ったのだろう。
 お笑いというのは心を開かせるのに一番容易な手段のはずなのに、一視聴者の私がお笑い番組を観ることに対して構えてしまっていたりする。

 それに若手お笑いのアイドル化も進んで来ている。そうすると面白い面白くないといった笑いの根本的な部分なんて関係なくなってしまう。
 アイドル化は芸人のネタどうこうより、その芸人が見せている芸の向こう側の方に興味を沸かせてしまうことになるしね。「普段、どんなことしてんだろう。」とか、芸がどうのこうのよりその芸人の人間性やプライベートに目が行きがちになる。
 逆にこれは芸人潰しではないだろうか?人気はあるけども芸の腕はどうなってしまうんだか。

 近年は前の漫才ブームと違って広める手段が多様化しているから、1のものを10にも20にも拡げることが短時間で可能だ。前のブームのときにネットなんか無かったし、DVDなんかのメディアも無かった。まさにネットじゃないけど蜘蛛の巣を広めるごとく次々と新たな糸に糸を絡めて拡大化して行く。
 糸を拡げすぎて、糸自体の強度が弱くならなければいいんだけどね。

 こりゃまた関係ない話だが、全盛期の「B&B」「紳助&竜介」のビデオが近所の古本屋で300円で売られている。


 ところで、
 去年、「なんでだろう」と疑問を自己提案自己解決して歌っていた二人組みを最近見ないのは気のせいだろうか?
 去年、あれほど己の命を削るかの如く「ゲッツ」ばかり言っていた黄色のタキシードの人を最近見ないのなんでだろう?
 去年、県歌を唄ってヒットした、「はにわ」って響きに近い名の人は元ボクサーの人をネタにして生き残っているようだけど、でも歌って、新曲出さないといけないんだよね。しかも飽きられるローテーションって年々早くなりつつあるし。それに運動部寄りで男臭いんでちょっと遠慮したい。

 ブームと言われるものには必ず終わりが来る。
 それはつまり、細胞は枯れ果て死んでしまい若さが永遠に保てないのと同じであり、
 それはつまり、才能は枯れ果て死んでしまい人気が永遠に保てないのと同じであり、
 それはつまり、食べても食べてもいつまで食べても無くならないおにぎりが無いのと同じであり、
 それはつまり、食べても食べても食べるのを控えないといつまでも痩せないのと同じであり、
 それはつまり、滝が逆のぼりしないのと同じであり、
 それはつまり、一つの巣に女王蜂は一匹だけで構わないのと同じであり、
 それはつまり、今更"年金制度"を止ーめたと言えないのと同じであり、
 それはつまり、永久に続くと思われたいた不屈のメンバー陣の「ドラえもん」の声優たちが一新されるのと同じであり、
 それはつまり、韓流ブームとか言うが、私の友達の韓国人たちは持て囃されている●●様たちみたいな人たちから程遠い容姿をしており(すまん)、韓国人みんなが●●様のようでは無いということと同じに違いない。
 違いないニダ!


 今のこの熱病が終わったら、どれだけの人が残っているんだろう。
 ブームに乗って飛翔する組もいれば、ブームなんてどこ吹く風で己らの道を貫く人たちもいる。
 これからどうなっちゃうんだろうね。司会が出来る方だけ生き残るみたいな形は嫌だな。いつまでも己の可能性を広めながら、やっぱり一番は目の前のお客さんを笑わすために純粋にお笑いをしてもらいたいなあ。






 おまけ








イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「美術書100円・・・下」***













イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「・・・えっ?」***













イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

***「ドーベルマン刑事」***








 一応、漫画も美術書か・・・。

 ブラックエンジェルズの方が好きだな。







じゃあ、また!



メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
名古屋でなごむ
真アニマル放し飼いの森
真アニマル放し飼いの森2
真アニマル放し飼いの森3


タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○


コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ


コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
たたじゃんPON
No Contents
No Contents


イラストレーターleolio
プロフィール
メール















ラーメンズ DVDボックス-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕


ラーメンズ Rahmens 0001 select-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕


ラーメンズDVD BOX<DVD/お笑い・バラエティ>
-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----