タイトル  first update
浴槽で裸の女が死んでいる 2003 06/06
   

 小さい頃に、デパートの屋上にて催された特撮ヒーロー物のイベントを見に連れて行ってもらいました。

 戦いの場としては不釣合いな特設舞台上で、特撮ヒーローが地球(一部地域、離島含まず)の平和を守るためとかなんとかで、飛んだり、跳ねたり、ピンチに陥ったり、それでもやっぱり結局は出来舞台なわけで、力を合わせて悪者に勝って大団円な結末で「地球の平和は守られたぞ」的ショーが行われました。

 そんなショーでも小かった当方はエキサイト!エキサイト!してたことでしょう。

 で驚くことは特撮物が終わってからのことです。


 さっきまで、やれ勇気だ、やれ友情だ、やれ勝負だ、テレビも見ろよ、と特撮ヒーローショーが行われてた同じ舞台上に次に姿を現した御方は・・・・・、


 若かりしときの・・・・・




  片平なぎさ嬢




***どちらさん?***





でした。


 当時歌手もこなしていた彼女は営業の一環で地方巡礼されてたんでしょう。

 その頃はやりきれない営業をこなしていた女性タレントの一人だったかもしれませんが、今では
二時間サスペンスの女王ですな。




  彼女と言えば様々な職業の女を演じながら次々とあれよこれよと事件解決、最近ブラウン管の中でお見かけしたときは、夜間高校の先生役でした、本当に幅が広いです。
 そして数々の名探偵がそうであるように、行く先々で殺人事件を呼んでしまう。軽く、歩く死神です。名探偵コ●ンなんか特にそう。周りの警察官たちも、もう平気で少年(コ●ン)に死体見せてるし。
 「もう外に出ずに家に居てくれ!なんなら外から施錠するから。」と言いたくなりますが、 実際の世の中でこれだけ素人に事件を解決されたら警察の面目丸つぶれです。組織力と費やした税金が個人に負けるなんて。

 しかしながら各警察署になぎさ嬢を一人づつ置いてもらうと、抜群な推理力で未解決事件は減って行くことでしょう。
 警察署の花にもなりますし、署の前に片平なぎさ嬢の大きいPOP看板も設置したりなんかしちゃって、なぎさ=警察署という公式が出来るかもしれません。民間人の警察への抵抗感も和らぎますね。逆にナメられて犯罪増えても嫌ですけど。




***缶ジュースから血痕が!***





 やっぱり、サスペンスと申しましょうか、推理小説では、素人探偵が犯人を突き止める話のほうが面白いのかな。
 昔の小説ならともかく、現代の世の中で、本物の探偵が殺人事件の犯人を突き当てるなんて、ありえないですもんね。
 地方の「起動調査 ○○探偵」、普段は浮気調査ばかりの探偵が連続殺人事件を解決!なんて、やっぱり、ありえない。ガルエージェンシーならともかく。
 かといって、警察が大量の人を動員して犯人突き止める推理小説なんて、それもつまらない。

 しかも、フィクションだし。

 テレビの犯罪調査24時みたいなのは、おもしろいんだけど、あれはノン・フィクションですからね。現実だからね。
 わざわざ、話考えて、大量動員で犯人突き止めました、みたいな話あっても、そりゃ、どうかなぁ。
 やっぱり、本を読む一般庶民に近い、素人探偵が苦労やオトボケかまして犯人見付けるのがおもしろいんでしょうね。
 いろいろな職業の素人探偵がサスペンス見てたら出て来ますね。
 無さそうなのが、


 ・おとぼけ課長探偵
 ・臨時国語教員探偵
 ・約探偵
 ・およそ探偵
 ・あんなに優しかった祖母が・・・探偵
 ・英会話スクールのポスター張りバイト探偵
 ・白昼の動物園でぶらついている叔父さん探偵
 ・ワカサギ釣りに来たけどワカサギって魚を知らない叔父さん探偵
 ・チアガールを個別品評している審査員探偵
 ・喫茶店でナポリタンを頼んで味に納得がいかないイタリア人探偵
 ・すぐハンコを押す人探偵
 ・知らない間に財布の中がカードでいっぱいな人探偵
 ・自分の口座に知らない人から大金を振り込まれている人探偵
 ・売れるだけの内臓を既に現金化してしまった人探偵
 ・アメリカを「こめ、こめ」と呼んでいる人探偵
 ・オーストラリアを「ごう、ごう」と呼んでいる人探偵
 ・イタリアを「いー、いー」と呼んでいる人探偵
 ・日本「ひー、ひー」と呼んでいる人探偵
 ・ノストラダムスの予言を2999年だと思って心配してる人探偵(何年生きる気だか)
 ・会話の七割が口答えか、言い訳な人探偵
 ・個人タクシーなのに組合員な人探偵
 ・冬のソナタ探偵
 ・グループ名にマンチェスターを入れたがる人探偵
 ・牧羊犬は牧草を主に食べると勘違いしてる人探偵
 ・国民生活金融金庫に生活を追われている人探偵
 ・一旦停止を一日停止と勘違い出来る人探偵
 ・町内のゲートボールがルール無用だったと気付いた老人探偵
 ・自分の家の窓が全てハメ殺しだと気付いた老人探偵。
 ・家族の中で自分だけに飼い犬が吠えてくる老人探偵
 ・町内が「危険!魔のカーブ!」の看板だらけだと気付いた老人探偵
 ・足踏みなのに看板が手打ちなうどん屋店主探偵
 ・「フレンズ」の同居スタイルに憧れる人探偵
 ・町の発明王探偵
 ・常に朝ご飯が11時過ぎな人探偵
 ・今までの人生で、凧揚げに成功したことのない人探偵
 ・「趣味止まりでいいじゃない?」と言われた人探偵
 ・自分たちの子供は優秀だと信じて疑わない親御さん探偵(共働き)
 ・偽社長探偵
 ・偽校長探偵
 ・偽車掌探偵
 ・偽幼稚園児探偵
 ・偽おかあさん探偵
 ・日直探偵
 ・0歳児探偵
 ・はんぺん
 ・何日経っても自分の日直の番が終わらない人探偵
 ・声だけはカッコいい人探偵
 ・行き詰まったら温泉にでも行けばリフレッシュ出来るだろうと考えている人探偵
 ・自転車でツーリングシーンに一陣の風を起こそうとしたが、微風でもありゃしない人探偵
 ・家の中が壺だらけな人探偵
 ・東急ハンズ池袋支店店員探偵
 ・通販で頼んだ物と違う物が来たが文句が言えない人探偵
 ・あれ、俺ってストーカー?と、まだ気付けた人探偵
 ・踊らされてるなぁと物思いに耽る人探偵
 ・元歌手、今は何でも屋に近いタレント探偵
 ・バブルの遺跡なのか?自動たこ焼き機が台所の棚の奥から見付かった人探偵
 ・大山のぶ代の後は自分が未来ロボットの声を受け継ぐと信じこんでる人探偵
 ・もう小学6年生なのに、1年生の頃からジャージのサイズが変わらない少年探偵
 ・発明品を生み出す度に家族離散の危機が訪れる発明家探偵
 ・クール宅急便に書籍を詰める人探偵
 ・かつての仲間に追われる抜け忍探偵
 ・宇宙から来た探偵
 ・尊敬する人が「あさりど」の片方な人探偵
 ・シミじゃなくてカビが顔に生えてる探偵
 ・焼き鳥屋ばかりの商店街組合長探偵
 ・肩こりな上に肌まで敏感な人探偵
 ・勝手な名前を付けられるアザラシ探偵
 ・パンチ斉藤個人ファンクラブを設立してる人探偵
 ・しかも、そろそろ潮時かなぁと悩む探偵





***わしの町おかしい***






 まず、どの役も片平なぎさ嬢は演じないでしょうね。

 実際に二時間サスペンスで観たことあるのは、おばさん探偵、家政婦探偵、マンションの管理人、町内会長探偵人、銀座のクラブママ探偵、スチューワーデス探偵(フライトアテンダントとは呼ばない)、舞妓探偵、女子アナウンサー探偵、船長探偵、バス運転手探偵、バスガイド探偵、タクシー運転手探偵、えなりかずき探偵ぐらいのもん。無茶といえば無茶。

 オール職業カバーですか?

 やっぱり、テレビ的に視聴率稼がないといけないわけで、派手好み、奇をてらい気味、特色有り過ぎな方向に進んじゃうのかな。原作の時点でも、そうでしょうね、読者を惹きつけるために主人公が突拍子もない設定だったりします。

 警察と凄いコネがあったり、やけに情報をリークしてくれる刑事がいたり、お兄さんが警察庁刑事局長だったりね。

 主人公の設定もそうだが、サスペンスの醍醐味はトリックが全体の面白味の中心にありますよね。
 犯人は意外な人物でなければいけませんが、そんなの二時間サスペンスだと最初の30分で出演者見て分かるようになってたりします。

 「この人、この顔、犯人に違いない!前も犯人役やってた!」

 たとえ顔で犯人が分かったとしても、やっぱり犯人の巧妙なトリックを探偵が糸を手繰り寄せるように解いて行くのが醍醐味でしょうな。


 推理小説だと、二種類の読み方がありますよね。


 第一に読者が最初から犯人を分かってて、探偵が犯人のトリックを破って行く様子を読んで行く形式のと、 読者も犯人が分かっていなくて、探偵と一緒に犯人を捜して行く形の推理小説とが。
 後者の、殺人事件が起きて、さて犯人は誰だ、トリックはどうなってんだ、みたいなのって、小説によってはどう考えても探偵がトリック破れるわけないだろうってのがありますよね。作者が連続殺人を書いたはいいが、探偵がトリックを破るまでが、最終的にこじつけで無理やりっぽくなってしまったのが伝わって来るの作品が時々存在します。

 それはそれでおもしろいですけど。

 次のような事件でもをある犯人説を唱えたら解決出来ます。


 ・同時刻に札幌に居た容疑者が鹿児島の被害者を殺害出来たのは?
 ・完全な密室で、窓すらない部屋で被害者を殺害出来たのは?
 ・同じ飲み物を飲んで被害者だけ殺害されてしまったのは?
 ・殺害直後の容疑者を確保したが殺害に使ったと思われる凶器を持っていなかったのは?
 ・小柄な女性の容疑者が大柄な男性被害者の首をへし折って殺害した手口は?
 ・名古屋14:45分発の上りのこだまに乗っていた容疑者が東京14:50発の下りののぞみに乗っていた被害者を殺害できたのは?
 ・太り過ぎて首のない被害者を首吊り自殺のように殺害したその手口は?
 ・潜水艦を運転したことのない容疑者が魚雷で被害者を屋形船ごと轟沈させれたのは?
 ・300円の遠足のおやつ代で容疑者が遠足当日お菓子を箱買いして持って来ていたのは?
 ・大怪我で入院していた容疑者が見舞いに来ていない被害者を殺害出来たのは?
 ・すでに亡くなっている容疑者が新たな殺人を起こせたのは?
 ・蛙嫌いの容疑者が蛙を踏み潰せたのは?
 ・この一年間で会社名が三回も変わったのは?
 ・自首して来た容疑者を苦労して逮捕したかのように発表した警察の魂胆は?
 ・押しピン一個で連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・アリ一匹で連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・ウインクだけで連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・足の指の爪の垢で連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・改行タグで連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・ポートピアで連続殺人事件が起きたのは?
 ・僕の髪が肩まで伸びて君と同じになっただけで連続殺人事件を起こせた犯人の手口は?
 ・三年殺しで実際三年間だけ被害者を殺せたのは?
 ・サラダバーなのに肉もたんまり食べた犯人の手口は?
 ・牛乳嫌いの容疑者がコーヒー牛乳なら飲めるのは?
 ・朝七時になると容疑者が腹痛を訴え、会社を休みがちなのは?















 裏に組織がいたから。








 なんなら黒の組織。








 組織ぐるみの複数犯ならなんでも出来ます。ケールたっぷりの青汁だって飲めます。


 みんなで協力ですな。川の流れさえ変えてしまうことが出来る組織力。警察を構成してるのだって組織力。
 一つの力は小さいけれど、みんなで協力すれば百人力(実際百人以上のメンバーで)!
 トリック考える作者的には楽でしょうが、このトリック明かしばっかりやってたら誰も推理小説読まなくなるでしょうね。






***引越しの手伝いもします***





 上記の例で言えば、探偵が


 「あー、どうすれば、名古屋14:45分発のこだまに乗っていた彼が、東京14:50発ののぞみに乗っていた被害者を殺せたのだろうぅ。奴が怪しいのは確実なんだけどなぁ、くやしーなったら、くやしいな。どうやって殺人なんか起こしたんだろう、物理的に不可能だよな、動機だったら有り余るほど奴なら持っているはずなんだが、うーん。うーん。うーん・・・・・・・。はっ、どうして狭い範囲でしか考えていなかったんだろう。被害者の周りの人物関係にばかり目が行っていた!そういえば、容疑者は”日捲りカレンダーを12月30日までめくらない会”に入っていたな、確か全国に会員が5千万人以上いると聞いた覚えがあるぞ、さては犯人は、いや、犯人たちは・・・・・」


 ってな具合に。
 これで被害者が”日捲りカレンダーを12月30日までめくらない会”の敵対する立場にいた人物だったなんて設定ならいいのかな。"日捲りカレンダーを毎日確実にめくる会”の役員メンバーとかで・・・・・それにしても日捲りカレンダーで殺人まで及ぶほどの確執が生まれるだろうか?まあ、それは置いといて。

 5千万人とは言いませんが、五百人くらいの容疑者、もう、その日その時間にこだまとのぞみに乗ってた人間すべて”日捲りカレンダーを12月30日まで捲くらない会”だった、車掌まで!

 手錠足りるんかいな。

 被害者一人に対して容疑者五百人、実際に手を加えたのは数人だとしても知っていたのに止めなきゃ、その時点で罪だしね。
 全員に役名与えて、それぞれに人生ドラマを設定したら二時間サスペンスじゃあ無理でしょうね。大河ドラマ規模になってしまう。
 五百人の取調べ見て行ってもつまんないだろうし。

 ほっといても私たち、家に日捲りカレンダーがあれば、”日捲りカレンダーやや毎日めくる会”に無意識なうちに入ってそうな感じもします。







 一人に対して、みんなで殺人かあ・・・・・・


 




 忠臣蔵ですね。



 赤穂浪士五百士。

 ちなみに赤穂は兵庫県のことです。












 最後に・・・
 やっぱり探偵と言えば・・・・・・・


 ねえ、関西では金曜の夜でお馴染みですが、東京では真夜中の3時過ぎの放送・・・




 当方もハガキ出したことありますよ・・・・・・書いた内容は言いませんが、




 複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、世の中の真相の解明と追求にあたる彼ら・・・・・・・





















 探偵ナイトスクープ






***キダタローの●●●がおかしくなった***





 OPに使われている円広志の「ハートスランプ二人ぼっち」のCDが家にあります。変ですか?







 あっ、石田靖描くの忘れてる。まあいいか。










じゃあ、また!



 
↑コスモエタ赤蝮↑ ↑カレーですか?ここですよ↑ ↑乃馬土温泉↑ ↑デイリーオニギリ デジヤマ↑




 

-----Copyright ©2003-04 leolio. All rights reserved. -----