イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

デパートの屋上/イラスト日記/コラム



 タイトルイラスト エッセイ コラム 絵日記 歩こうの会  first update
雨の日のデパートの屋上 2004 4/21
   


 これは二月末の話です。
 拒もうにも社会的事情でどうしようもない理由があり、平日の池袋に足を運びました。

 その日は朝から、視力0.7の私でも余裕で確認できるほどの大粒の雨が降り続いていましたが、「行く」と前日から決めていたので今更止める気にもなりませんでした。今風に言うと、プチ決心でしょうか?己の発言に嫌気が差します。
 どうせ池袋の駅まで電車で10分くらいなので別の日でも良かったんですが、雨の中もいいもんかなと。
 春雨と呼ぶにはちと早いと思われる大粒の雨は、確実に私の体温を下げるつもりだなと寒気を感じながら、西口方面へと駅から地上に出ました。



 銀行のクレジットカードを紛失したので、再発行の手続きをしに【みずほ銀行】へと足を運びました。それがこの日の外出の一番の用件です。正確に言うと用件はこれだけです。

 手続きには30分もかかりませんでしたがカードの再発行に1050円もかかるんですね、知りませんでした。(実は後で、無くしたと思っていたカードは見付かるんですよ。無駄金-1050円です。)


 

 さて、もう池袋周辺に用件はないぞ、まあ、適当にぶらりぶらりとしますか。



 とりあえず、西池袋のスターバックスにでも入ってみる。

 日曜日など祝日だと、スタバの中で座るのに待たなければいけないのが既に常識みたいになっているのだけど、さすがに平日だけあってガラ空き。
 カフェで座るのに待たされるという概念は未だに理解できません。「お待ち頂くことになりますが・・・」と言われると、テイクアウトにオーダーをいつも変更します。
 喫茶店で座るのに待たされるなんて、みじめ以外何ものでもありません。

 今日はガラ空き、それでもテイクアウトする。ただ単にスタバの中の空気があまり自分的に快適で無いだけかもしれません。

 まだ、「会うの本日でまだ2回目程度の知人」の家の方が居心地いいかもしれません。でも、そんな知人は家にあげてくれませんよね。あげてくれたら、向こう側に何かしら魂胆があるかも。「世界平和に興味ある?」とか言われたら最悪ですね。

 ここ最近思うんですけど、スタバのコーヒー美味いのかなぁ?一時期、まるで一種のステータスのようにスタバに行っていたが、なんだかもう、こおゆうタイプの店はどうなんだろう。ドトールはなんか庶民派っぽいんで好きですが。スタバの敷居を跨ぐのは今日で最後にしようかな。またもや、プチ決心。・・・発言に自己嫌悪。

 口の中に甘だるさを流し込みながら、雨の中をテクテクとさらに西へ闊歩。




 西池袋といえば、自分の中では、やはり古本大学でしょう。

 実際に、そんな大学があるわけではないんです。
 古本について講義があったり、実践古本鑑定入門とかあるわけじゃないんです。
 それが店の名前なんです。東京芸術劇場の裏側に店舗があるんですが、なかなかいい感じの古本屋。
 しかし、行ってみて驚かされることになりました。三月末でここの店舗は閉めるらしい。イタタタタタ。
 同じ池袋周辺に引っ越すみたいだけど、駅からの距離を考えると今の店舗より全然遠くに引っ越してしまう。行きづらくなるなあ。
 私の趣味は古本屋巡りです。だから行きつけの古本屋が減るのはちと痛い。まあ、この場合潰れるわけじゃなく引っ越すだけなんだけどね。最近、古本屋とかやはり経営が厳しいのか潰れてしまう店多いです。



***こんなん買ってみました***



 上の写真の本(赤塚不二夫 科学万博おたのしみガイドブック)を購入。透明な習字紙のようなカバーがかかっていたので、スキャンしたらなんだかシワシワに写ってしまいました。ちなみに19年前の本です。科学万博ってなんですか?今も開催してますか?
 行ってみたいんですけど、ニャロメ!!
 「ついでにディズニーランドも案内するニャ~ン」って、TDLを「ついで」扱いする所に科学万博の雄大なるテーマパークとしての厳格な上下関係が浮き彫りとされていますね。




 東京芸術劇場周辺を離れ、池袋ウエストゲートパークを抜け、また池袋の駅の方面へと戻る。
 なんだか、雨が大降りになって来た様ですが、傘を持って来てないので、「そんなことは無い」と自分に信じ込ませることにしました。雨など降っていません。
 西池袋にまだ古本屋はあるが今日はもういいです。

 メトロポリタンプラザの周辺ビルにいい金券ショップがあり、中古CDなども売っているんですが、それも今日はいいです。

 雨など降ってないのに、なんだか衣服が随分濡れてるなあ。



 昼時になって来たので、どこかの店で昼食を取ろうと思いましたが、今入店すると明らかに会社員の人などで混むので時間をずらすべく、駅の地下に入り東口側に出ることにしました。






 明らかに雨が大降りになっている。

 西口から東口に出ただけで雨増量完了といった感じです。地下を通っている間に何があったのでしょうか?
 もう「雨など降ってない」とは言いがたい状況です。
 「雨など見えない」では無く、下手すると「雨の向こうの景色が見えない」といった状況です。
 どっちみちもう濡れてるし、傘も無いので気にしない。
 コートのフードをかぶり、池袋にてさながらエスキモーか南極探検隊みたいな人物が一人生まれました。

 足はパルコの方へと向かい、東池袋一丁目の辺りにへと。
 そこには風俗店やパチンコ店など、お子様は来てはいけないような世界が広がっています。
 マイナスイオンなど何のことやら、1立方cmの中にはプラスイオンのみといった濁った空気です。NHK教育の「働くおじさんシリーズ」でも絶対取材に来そうに無い職種が集まっています。

 雨で、昼間からついているネオンとキツイ色の看板が余計にごちゃごちゃとなっていました。


***他に言うことないか***



 ここには、新文芸座という映画館があります。
 オールナイトで映画を上映など粋なはからいを始め、ちょっとこないまで新作だった映画を2本立てでお得な価格で観れたりするナイスな映画館です。

 今週末にはオールナイトで「スーパーホラー大会 ゾンビ編」があるようです、お客さんを選びますね。

 「死霊のはらわた」
 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」
 「ゴースト・オブ・マーズ」
 「28日後・・・」
 の四本立てだそうです。これは上映終って、朝ご飯がおいしく食べれないメンツばかりですね。
 簡単に言うと「死後硬直など何処吹く風、なぜか動く死体の観察をみんなで見るための映像」が四本立て。
 もしくは「死体による新たな死体作り」「楽しい死体作り入門」といった感じでしょうか?
 
 もう、京都に居た頃のようにオールナイトで映画観る根性ないです。吐きそうです。単館系の映画館に多く使われる堅い椅子に長時間座っているだけ、ヴァーチャル死後硬直、もしくは死斑が出来そうです。

 でもここの新文芸座は近年リニューアルしただけあって、椅子はなかなか座り心地いいですよ。




 ところで東口方面に来たのは映画館の椅子に座るためではなく、もうちょっと線路側の方に足を運んで、レンガ造りの外観をした軽く洒落た感じの店造りのお酒屋さんの「YaMaYa」に来ました。
 ここベストにいい店です。お酒が安いです。こんなに安い店は他に知りません。
 世の中に安い酒屋はたくさんあるでしょうけど、私が知っている限りここが一番安かったです。

 まあ、私はあんまり酒飲まないから、本日は輸入品のチョコレート買いに来たんですけどね。

 輸入物のお菓子や食材なども安いからありがたいです。

 結構広めの店内をぐるぐると回って、結局今日は目的の輸入品のチョコレートが売り切れということが判明致しました。
 今、船か飛行機かなんかで、海か空の上を日本に向かっている途中なんでしょうか?
 また日を改めて来ます。


 店を出ようとドアを出て外に出ると、大型の黒塗りのベンツが道を防いでいました。

 完璧に防いでくれていたので、店から外に出れません。外には一応出てるけど、道路に出れません。

 どうしようもありません。

 一瞬、お迎えのベンツかなと勘違いしましたが、違うようです。黒塗りのベンツで迎えに来てくれるような知り合いはいません。居たら雨の中歩いていません。


 こちらの困惑の念をドライバーの居るだろうと思われる右側の窓に向けましたが、車のカラーと揃えたようなシールドが窓ガラスに貼ってあり、真っ暗な闇が窓にあるだけでした。

 「真っ黒黒助どこいるの?」・・・目の前に立ち塞がっています。

 しかしながら、こちらの無言の念は通じたようで、車は僅かながら微妙なスピードで前に出てくれました。


 ああ、雨に当たれる。って当たりたいわけでは無いんですが、酒屋を離れビックカメラの方に足を運びました。なんかもう、くたくたです。




 ビックカメラの中で雨宿りがてら、電化製品を見てまわる。

 これといって欲しい物がありません。現在の家の中の電化製品周りは満ち足りてると言えば満ち足りています。
 やれ、テレビは煙を吐いて壊れたとか、クーラーから温風しか出て来ないとか困った珍ハプニングは一切起きていないので、特に必要もありません。
 新しいパソコンが欲しいと言えば、欲しいですけど、パソコンは野菜みたいなものなので買ってしまうと時代の流れからどんどん腐って行きます。買った時点でどんなに高性能なCPUを保有していようと、世の中のパソコンの性能向上の流れは嵐の夜の氾濫した濁流のように早いもので、「昨日までの優等生は今日では劣等性」扱いを受けるので、なかなか買う気になりません。

 現にパソコンは去年新に購入したばかりなので、要らないと言えば要りません。DVD焼けて、HD120GBあって他に何付けたらいいんでしょう?テレビはテレビがあります。最近のおまけ付きの雑誌のように、パソコンにあれもこれも付録付け過ぎです。

 最終的に「ぼく、ドラえもん」と言ってくれたらパソコンの進化は完成なような気がします。


 「♪東が西武で西東武~、不思議な街だよ~、池袋~♪ビーック、ビックビック、ビックカメラ~♪」のビックカメラを適当に過ごして出ました。相変わらず雨は止むことを忘れたかのように降り続けています。
 もう13時も過ぎたので、いい加減腹拵ないをすることにしました。

 ここで東側にいる理由がもう一つあります。上記のビックカメラ池袋店の唄にあるように、池袋の東に西武デパート、西側に東武デパートがあります。方位的に言うと、店舗の名前が真逆ですね、不思議な街だよ池袋。

 今、東側に居るのでこちら側にあるデパートは西武デパート。パルコは除きます。



 では、腹に物詰めるために西武デパートの屋上に・・・。




***地面に雨空が写ってます***



 ・・・来ました。


 雨の日のデパートの屋上に来ました。


 人が居ません。子供達を遊ばせてる親子連れさんたちなど皆無です。
 デパートの屋上だけあって、ノラ猫さえ居ません。


 さて、こんな雨の中ここに来た理由は、手打ちうどんの店「かるかや」に用事があるからです。

 用事があるといっても、
 やれ、貸した金を返してもらう (必死で)
 やれ、恩がある (必死で)
 やれ、借りがある (必死で)
 やれ、うどん早打ち3分勝負をしに来た (必死で)
 やれ、うどんの打ち方を習いに来た (必死で)
 やれ、うどん屋の大将の人生を本にするのを手伝っている (必死で)
 やれ、パートナーである (必死な)
 やれ、うどん大学時代の同期である (必死な)
 やれ、ダシになりに来た (必死で)
 やれ、うどんの材料を屋上まで運ぶのを手伝いにきた (必死で)
 やれ、デパートの屋上に野良ネコを放つのを手伝ってもらう (必死で)
 やれ、西武デパートは何処ですかと問う (必死で)
 やれ、「高い所に居るから低酸素でコンロの火がなかなかつかないでしょう」と雑談をする (必死に)
 やれ、「うどんのことがお嫌いですか?」と問いに来た (必死で)


 ではなく、ただ単にうどんを食べに来ました。

 なかなかね、「○○を食べに○○へ」とわざわざ足を運びに行くような性質の人間では無いのですが、ここにはわざわざ来ました。
 そこにはそれだけの価値があるから、なんて言ってみたりします。
 まあ、ちょっとお気に入りのうどん屋です。

 近年のデパートはデパ地下ばかり持て囃されていますが、屋上を忘れて無いですか?遊具しかないわけじゃあ無いですよ。
 うどんですか?ここですよ。
 大空の元、開放感を思いっきり感じながら・・・って雨の日は空全体が敵みたいなものですね。
 ちなみにここのうどんはデパ地下でも売ってます。しかし、地下ではその場で食べれません。

 池袋に来て、食べるところが決まらないとだいたいここに来ます。

 一回、池袋でT○○○といった名前の和食チェーン店に行きましたが、聞いたことも無いような病気になりそうなくらい不味かったです。名前を完全に挙げてやりたいです。この憤りをどうしたらいいんでしょう。
 まずい店は詐欺ですからね、囲まれて店に火をつけられても文句は言ってはいけないはずです。
 美味い不味いは個人の感覚の判断にもよりますんで、一概に言えないのでその話はここまでにします。
 でも不味い店は精神的に傷つきます、「店の料理が不味くて数名が重軽傷!!」といったニュースが流れることはないのでしょうか?食中毒は例外ですよ。



 というわけで、うどんを食しましょう。

 ここのうどんは好きです。
 特に鼻血が出そうなくらい「美味い」ってわけでもありませんが、クセになる味です。
 幸い、屋上でご飯を食べる人たちのために屋根も設けられています。
 これで、屋根が無ければ無防備にうどんに雨が入って来てしまいます。食べ切るのが先か、水かさが増しスープがどんぶりから溢れるのが先かといった、食べながら自然の力と競争レースになってしまいます。  



***右端の店がうどん屋です***



 うどん屋の窓口に行くと、おばあちゃんが出てきました。ここはうどん作りはおじいちゃん、受け渡しなど接客窓口はおばあちゃんといった夫婦うどん屋です。
 余分なものは交ざっていません、夫婦うどんです。
 夫・愛人・妻のガラスのような特殊トライアングル関係で営なわわれているうどん屋もあれば見てみたいです。

 こちらが注文するより前に、おばあちゃんの発したセリフは

 「うどんが茹で上がるまで待って!」

でした。
 そりゃ、そうだろうと思うところですが、そうじゃなく、茹でられたうどんの玉が無いようです。うどんって茹でて置いとくものですか?よく分かりません。
 今は客は皆無ですが、さすがに昼時に多くのうどんが売れたようで、茹でられた玉不足。
 さすがに人気店。これでいいのか?
 そういえば、この店の店舗は狭目なので、カウンターごしに厨房が見えるのですが、いつも大きな釜にうどんが入ってぐるぐる茹ってたはず。なるほど、いつも茹でておくから注文してからスピーディにうどんが出てくるんでした。

 五分くらいで出来るそうなので、雨の中屋根の下でベンチに座って店の様子を見つめ続けていました。



***ゴミ焼却炉の煙突が見えます***



 今日のうどんは何にしようかなと考えていると、うどん茹で上がりコールがおばあちゃんから聞こえたので、そそくさと雨の中を突っ切りうどん屋へと。

 待たされたのと、雨に当たりすぎて寒かったので大いなる抱擁感とボリューム感を兼ね揃えた奴に選択を絞ろうと決めました。
 カウンターに行くと、おばあちゃんは「温かいのですか?冷たいのですか?」と問うて来ました。
 ここで「冷たいの」と言ったら、私はマゾです。

 雨に当たりすぎて寒くて、もうなんか寂しいです。

 子犬のような気持ちです。

 今、保健所の人間が来たら抵抗もせずに保健所に連れて行かれることでしょう。



 そんな私が決めたのが、
 卵が入っていて、
 山菜が入っていて、
 お揚げが入っていて、
 天カスの入った、

 それは「スタミナうどん」450円。

 別にニンニク入ってないですよ。



***もう救われます***



 こういった屋上の食べ物屋はセルフが基本なので、トイレに乗ったうどんを持って雨の中突っ切り、いざテーブルへ。

 ほっかほっかと湯気を上げスタミナうどんはトレイの上に鎮座していました。
 無人島にいて、救助の飛行機を発見したときのような気持ちです。
 ちなみにこの時は自分で無人島(屋上)に来たわけですが・・・。

 「あたたけえ~」

 本当に助かります。汁をすすると、この少し甘くて、辛目の関東ベースでは無く、基本的に薄めの讃岐うどんベースの汁が体温を上げてくれます。
 そして、ここが本当に手打ちだなと思う理由が、麺の太さに個性があるからです。
 市販のうどんなんか買うと、面の太さや切り口など綺麗に揃っていたりするんですが、ここのは太いのや細いのとバラつきがあります。

 まさに手打ちならでは。これはこれで良しですよ。

 そして美味いのが天かす。ちょっと味付けが濃くて、そこの部分をカリカリ食べるのもいいし。薄めの汁に溶かして汁の濃さを調整して、天かすごとずるずると飲むのもいいです。

 その反面、油揚げはそんなに味付けが濃くなく、汁に浸していい感じに水分を含ませてからはむはむ。

 そしてアクセントに、ダシ汁で口の中が甘くなったところで、固めの山菜をポリポリと口直し程度に噛みます。

 天カスが溶け過ぎ、汁の味が濃くなったら卵を箸で溶かして、汁の味をマイルドにします。

 こういった感じで、それぞれの役割が織り成す過程で変化して行く汁を麺に絡めてすするのが美味いです。



***やはり救われます***



 さっきまではただ寒さと飢えに耐え忍ぶ捨てられた子犬みたいだったのですが、温かいものを食べていると、周りで雨が降っているのもまた美味さを惹き立ててくれます。

 今だけは逆に雨が降っていて良かったなあって感じです。雨で適度に寒い中、温かいうどんをすする。居るのは自分だけ。しかも平日の午後。

 美味くないわけがありません。


 こうして雨のおかげで旨みの増したうどんを食べ終え、自分でトレイと器をおばあちゃんに返して、家路につくのでした。




 電車の窓から見える空は晴れていました・・・。





 うどんフォーエバー。





 うどんフォーエバー。




 うどんフォーエバー。




 うどんフォーエバー。




 うどんフォーエバー。    








じゃあ、また!






↓日記才人↓
メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
真アニマル放し飼いの森
真アニマル放し飼いの森2
真アニマル放し飼いの森3


タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○


コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ


コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
たたじゃんPON
No Contents
No Contents


イラストレーターleolio
プロフィール
メール





コスモエタ赤蝮

カレーですか?ここですよ

デジタルオニギリ屋

乃馬土温泉

ロイヤル武術歌劇団

新足袋

スージーQ

しりとり合戦

たたじゃんPON

No Contents

No Contents

No Contents
 
-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----