イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

新潟/イラスト日記/コラム



 タイトルイラスト エッセイ コラム 絵日記 歩こうの会  first update
新潟にせめてでも 2004 12/04
   


 携帯電話での使用について、電車内では通話禁止、マナーモードへの切り替え、優先席付近では電源をOFFにする等、一般常識のようにルールが浸透している。
 もちろん当方もしない。
 車内にもそれらの注意を促すような表示が貼られている。
 「お前一人のわがままで、みんなが迷惑しちゃうんだからな。そこんところ気をつけろよ。ほら、恥ずかしい着信音が鳴らしてんじゃないよ、周りのみんなの目が白く冷たい視線に切り替わるぞ。その白い目はお前に一斉砲火されるんだぞ!なんなら光っちゃうぞ!」
 そこまで言ってないけどさ。

 しかし、車外だ。
 JR山手線のとある車両は車外にDoCoMoの広告が全車両に大きく貼られていた。走る広告塔ではないけれども、広告スペースとして貸し出しているそこには携帯の宣伝でいっぱいだった。
 携帯を持って微笑む坂口憲ニ、同じく長谷川京子・・・。

 なんか説得力無いなあ。


 同じこと車内にしてご覧よ。



 10月の末にありえない大型の地震が新潟を震源地に起きてしまった。
 地震が起きた時間、私は夕暮れ迫る屋外で晩御飯の食材を買っていた。そこにだ、体で大きく感じる地震が東京でも起きた。
 だいたい外にいるときは屋内よりも地震を感じないものだが、今回のは違った。電信柱も目に見えて大きく揺れていたし。

 これはいつもの部屋の電灯の紐がちょっと揺れている程度の地震じゃない。そう思い、急いで帰宅しテレビのスイッチを入れてみるとブラウン管の向こうの新潟が凄いことになっていた。



 それから約一ヶ月、デイリーで拝見してるサイトによると新潟が東京に来ているというではないか。
 そうか、そうなのか。じゃあちょっくら新宿へと。またもや夕闇迫る時間帯にサラリーマンの皆様とは逆の方向の電車に乗る。

 今日は11月20日、新潟は明日を最終日として新潟に再び帰るというではないか、そうなると明日の混雑を避けるべく時間が遅かろうが今日行くしかない。

 人でむせ返す新宿駅に到着して、さてさて目指すは伊勢丹の新宿店本館6階展示場だ。時は既に18時近く、通常なら催儀会場に行く時間では無いのだ。
 北海道フェアなんかで例えると、既に「北海づくし弁当」「いくらづくし弁当」「新巻鮭弁当」「白い恋人」なんかを買って帰って、家でお茶なんか入れてコタツの中に足を突っ込んでテレビのニュースなんか見ながら「橋本の奴、絶対一億円もらってやがるんだって、けしからんな。っんったくもう!」とかなんとか言いながら、ぬくぬくと北海道の味を堪能している時間帯のはずだ。

 でもね、寒い中やって来ましたよ。

 「越後の味 新潟展」

 しかし時間も時間なんでやっぱり売り切れや店仕舞いしてる店舗もちらほら見受けられた。



***「くるかに終了致しました」***







***「試食も乾いている」***







***「イートインに至ってはショーウインドーも空(そげん終了アピールせんでも)」***



 来たのはしかも終了日の前日、普通の物産市なら会場内には倦怠感も含んだちょっと勢いの無い空気が流れているはずだ、「明日来ーや」といった感じの。
 もしくは「もう、残された力は明日の最終日(日)に残しておけ。」それも妥当な策といえば妥当だ、気持ちも分かる。
 しかし、今回の物産市こと新潟店はちと違った。こんな時間でも各店舗熱気があった。

 普通の物産市とバックグラウンドが違うからだろう。「新潟の良さを知ってけろ!」「これを機会に新潟さ来てけろ!」「新潟に県外貨を持って帰るけろ!」
 こうゆう物産市は今回の地震が起きる前から決まっていたと思うが、今回の地震が無かったらここまで郷土愛全快だったかどうか。

 そんな中ででもだ、ものごっつい勢いのある店が一店舗ほどあった。



***「いやーん、並んでる!」***



 そうなのだ、私が新潟展に来たのは、当方が落とすお金で新潟さんの少しでもお力になれれば・・・というのと、この行列を起こしている店舗「みかづき」イタリアンが食べたかったからだ。

 うーん、ごった。ごった、ごった。ごった煮じゃないけど、ごったの行列。ここだけ会場の熱が終わっていない。そうかこんなに人気があったか。この店舗以外に屋台の匂いに似た手軽な感じで新潟の味を食することが出来る店舗が他に無いのも、このごったの理由だろう。さっきのショーウインドーの写真の店舗は一応ちゃんとした店の形を形成してたんで、手軽にって感じではちょっとない。現に今食べれるのはこの店だけっていうのが一番強いか?
 それにお値段もお手ごろ価格のイタリアン一杯311円。

 さっそく並ぼうか?でもちょっとしたら行列も減るかもしれない。なにより食べ物屋に出来ている行列に並ぶのは私的には恥ずかしい。
 ラーメン屋なんかで並んでいる人々を白い目で見る性質の人間なんで、並ぶのに抵抗がある。
 でもテレビにて今回の地震で避難所で配給に並んでいた被災地の人々、その映像と目の前の映像が少しダブった。でもあれは食べれる物が限られている状況下で仕方なく並んでいるのであって、ラーメン屋に並んでいる輩どもは別にマクドナルドでもファミレスにでも引率してもいいわけだ。何より前者は命がかかった空腹感を抱えている。
 やっぱり映像は重ねても 「列」の性質は別物だ。
 このイタリアンを被災地に届けたいと少し思ったが、私に出来るわけもない。やはりここでお金でも落とそう。
 実際にイタリア人を現地に出向かせても邪魔になるだけだろうし、ボランティアも余るほど足りているだろう。

 ごったの行列も少し時間が経てば減るかもしれないという小さな期待に賭けて、他のまだ開いている店舗をぐるりとまわることにした。



 まあ、なんというか何処の物産市ででもありそうなものから、やはり新潟といえば酒だろう。

 しかし私はアルコールにめっぽう弱い。日本酒もあまり得意では無い。私感で申し訳ないが、日本酒を口に含むと、どうもなんだか理科室の要素を詰め込んだ感じが鼻や喉に来てむせてしまう。

 しかしなんだね、



***「社長のとっておき」***



***「とっておきは売らなくても・・・」***



 お酒ってえらく高いもんなんだね。そういえば地震で新潟の蔵元も被害を受けたとかなんとか聞いた気がする。「夏子の酒」の所も少なからずダメージを受けたそうな。でも今年も無事に出荷は出来たみたいで良かった。それにしても被害大なんだろうなあ。
 地震で源水の流れが変わって水が入手出来なくなったらもう死活問題だよね。畑なんかも水の流れが変わって畑に全然水が来なくなってしまった所があるとテレビでやってた。山動かして水の流れを元に戻すなんてことが人間の力で出来るものだろうか?災害って本当に生活が一変してしまう。地震が起きてから残された問題は計り知れない。

 でも今回の大型地震は10年前の阪神での地震で踏まえた教訓があったから、自衛隊の派遣がスムースにいって救助活動が早く行われた。阪神大震災のときは自衛隊を救助に使うかどうかでさえ議論になってたし、村山総理は人間としてゴミだった。
 瓦礫の下で助かりうるたくさんの命が時間の経過で炎に包まれたかと思うとやり切れない。


 会場内に話は戻すが、もう一つ人ごみの出来ているスペースがあった。はちなと覗いてみるとお酒の試飲をさせてくれるみたいだ。そうか、なんだかこんな光景、祭りか正月の神社で見たことあるな。そりゃ人々も集まってくるというものだ。

 「♪飲める、飲める、飲めるぞー、酒が飲めるぞ!♪」

 バラクーダーの「日本全国酒飲み音頭」の中で11月はなんで酒が飲めるんだったけ?



***「氷の中で冷やしてあります」***



 当方もちと一杯ともらったが・・・美味い!
 単純で申し訳ないが美味いですよこれ。「ちょっと一杯のつもりで飲んで」、結局試飲を4杯してしまった。あの「理科室感」が全然しない、凄く飲みやすくてまろやかな物だった。
 そしてほとんど衝動買いで一瓶ほど買いましたよ、日本酒には手を出さない私が日本酒を一瓶買ってしまったほど美味かった。

 あれから日にちは経ったが今のところ、まだ開封してない。孫が生まれたなど何か祝いごとでもあれば開けることにする。


 他に会場内を回っていると、チラシを次々に手渡される。

 この新潟展の全体図はもちろん、新潟観光案内、新潟の旅館の案内のチラシ。
 そうだよね、今回の地震で新潟の観光業界は大打撃だろう。テレビでも次々と予約のキャンセルを受ける旅館の状況を映し出していた。余震も続いているし、しばらくは観光にと足を運ぶ人たちも遠のいてしまうことになる。

 その中で目を惹いたのが、「がんばっています!!にいがた」と題字の書かれた一枚のチラシ。

 大きな字でこう書かれている。

 「皆様方から新潟の観光地をご利用頂くことによって、
  新潟全体が元気を取り戻します。
  新潟県を応援して下さい!!」

 熱い、熱いメッセージが三行の中に込められている。

 しかも東京から新潟までの交通手段までこと細かく書かれ、「新潟県の観光地の状況」、裏には新潟の詳細な地図まで書かれている。
 今、新潟の観光地に行ったら優しくしてくれるだろうか?日本酒の一杯でも飲ましてくれるだろうか?料理長のおすすめも一品くらい増やしてくれるだろうか?耳掃除ぐらいしれくるだろうか?当方の相談に乗ってくれるだろうか?

 しかし、私は旅行は好きだが東北に行ったことが無い。通り越して北海道なら何回かあるけど、東北にはかすりでも行ったことが無い。
 今年の夏に「ねぶた祭り」を見に青森に行こうと思ったが都合で行けなかった。
 だいたい行こうと思う場所にはこちらの意思もあるが、ある程度「呼ばれている」という感じが当方はする。
 行きたい場所であればあるほど、向こう側から「呼んでる」感が強いんだ、ってこっちが勝手に呼んでるって言ってるだけだけど。

 新潟も今回呼んでいる。呼んでいるが、新潟の知識が全くゼロなもんでこちらの足が向かない。温泉大国日本、別に温泉だけなら新潟で無くてもいいわけだしさ。城も文化も歴史も自然もどこ行ったってこの日本の中には溢れている。
 何処か行きたい気持ちは常にある。
 でも今の気持ちは新潟ではない。新潟展止まりだ。


 ちなみに今回の新潟展会場内で総額4200円以上お買い上げすると、先着500名様に『岩船産コシヒカリ使用「いなほクッキー」』をプレゼントしてくれるそうだ。
 岩船産コシヒカリ10kgとかでなくて良かった。新宿から米担いで帰るのは苦行に近い。さもなくば新宿界隈のホームレスの方々に配ることになる。新宿中央公園で「第一回leolioプレゼンツ無許可炊き出し市」を催すことになる。




 さて、酔いも程よく回っていよいよ「みかづき」のブースに戻ってきたわけだが一向に列をなしたままなのだ。

 レジを見ると次々と客をこなしていることから、どうやらレジが遅いとかではなくて客が次々と並んでいるようだ。
 そうか、では幾ら待っていても現状は閉店するまで変わらないな、腹をくくって並ぶしかないんだな。にしても日本酒をもらい過ぎたようで、すっかり酔っぱらってしまった。胸がかなり熱い。

 並んでいると様々な張り紙があるのに気付く。




***「何処のお姫様?」***





***「あんみつ姫!」***



 なぜか「あんみつ姫」がイタリアンをアピールしてくれる。知る人のみ知る正にクックックックックエッション?
 「あんみつ姫」は昔小学生の頃おもしろかった記憶がある、「つる姫」より「あんみつ姫」の方が好きです。
 その他に、



***「イタリアンについて解説」***




***「メニュー(新潟で売られるより少ないです)」***



 ここで「ソフトクリーム」のみだけ頼んだら何しに来たんだかという話になってしまう。それはそれで面白いかもしれない、だがしかしそれならば新宿にまで、ましてや伊勢丹まで来る必要は何処にも無い。

 「みかづき」の自家製太麺とキャベツ・もやしを特製ソースで炒め、粉チーズで味付け、白生姜が添えられ、特製トマトソースがかけられて「イタリアン」が食べたいのだ。
 「ナポリタン」ならお家でも作るのは簡単だ。しかし、「イタリアン」は今の所ここでしか食べれない。



***「大量の麺の山」***




***「トマト意外のソースは袋ごと湯煎」***



 どんどん捌かれているのだろう、列は割かし早く進んで行く。早くもガラス越し目の前で調理されているところまで来た。ガラスの向こうでは大量のソース味の麺が「これでもか、これでもか」と炒められている。
 これだけの列に矢次ののオーダーだ、麺を炒めるのに忙しいったらありゃしない。麺炒め選手権でもあれば、このガラスの向こう側の人たちは好成績を残すことであろう。
 これだけの麺を油とソースで炒めていると、調理人の肌は熱とともにどうなってしまうのだろうと、ほろ酔いの中でちょっと思った。

 今回の出展ではトマトソースのイタリアン以外にカレーやホワイトソースなどがあるのだが、調理現場を見ているとトマトソースはそのまま煮ているのだが、他のは透明パウチに入ったままのものをそのまま湯煎して、オーダーがあると盛り付けられたソース麺の上にかけていた。
 みんな新潟から持ってきたのかな?


 さて列はあっという間に私をレジ前へ運び、思ったより早くトマトソースのイタリアンを購入すること出来た。クリームやカレーを食べるのはオリジナルを賞味してからだ、まだ当方には早かろう。レジのスピーディーさはなかなかのもだった。

 発砲ビニール製の容器に入れられて蓋をされたイタリアン、はてこれをどこで食べよう。食べれるベンチなども周辺に見当たらない。家にまで持ち帰って食べるのもなんだし、出来れば電子レンジ抜きで温かいうちに食べたい。
 ここは6階展示場だ、ちょっと上がれば屋上があるはず、ならちょっと寒いけど屋上で食べようとすぐそばの階段から一階上の屋上に上ると・・・







***「闇」***







 18時30分で閉鎖。



 なんてこった、来た時間も遅かったけどブラブラ新潟を堪能していたら18時30分なんかとうに過ぎている。
 プレイランドは闇一色に染められている。ブッラクプレイランドと化していた。一つ煌々と輝く伊勢丹の「伊」の字が憎い。

 優しくない。

 思うんだが、ここから程近い新宿二丁目・歌舞伎町辺りを「プレイランド」という呼び方に変えてはどうだろうか、「新宿プレイランド」。あながち間違えている内容ではないわけだし、あそこらに巣食う陰湿かつ危険な香りもなんとなく軟らかくなる気がする。どっちみち何かしらプレイする場所も多々するけだし。

 まあ本当、それはどうでもいいんですが、どこさ食べるとこさなかとかね?



 それから歩いたね。食べれる所を捜し求めて新宿をイタリアン片手に歩いたよ。

 ウェンディーズに持ち込みしてやろうかと思ったほどだ。

 そして落ち着いたのが、地図を見てもらうと分かるんだが、高島屋タイムズスクエアの地下まで行ってしまった。高島屋のデパ地下で売っているものが食べれるスペースが設けられていたので、そこで落ち着いて食べることにした。伊勢丹の地下にもそのようなスペースがあったのだが、土曜だもんね、ごった、避難所みたくなっていた。また、なまら狭いし。

 伊勢丹で購入したものを高島屋で食す、なんだかね。

 しかもすっかり冷め切っている。


 それはまあ情熱(?)でカバー、ここに晴れてようやく切望したイタリアンを口にすることが出来た・・・・・・。



 問題の味ですが新潟に行くか、新潟展を待つか自分で確かめて下さい。その際は食べれる場所の確保もお忘れなく。

 

 白生姜が小憎かったなあ。
     






じゃあ、また!




↓日記才人↓
メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
名古屋でなごむ
真アニマル放し飼いの森
日本一の駅弁大会
夢のチョコレート工場
合言葉はSD776GB
月島の目
談話室で談話らない
40周年だョ全員集合!!
インドに桜咲く
leolio.comも三年目だから
凸なすびユンタ
凸なすびユンタその後
マイナス20の氷の世界
タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○
コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ
コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
厠(かわや)イヤミ百景
もえエコ
No Contents
イラストレーターleolio
プロフィール
グランベリーワークス強火
チコリイッパツ!
メール
歩こうの会 おざな
歩こうの会 うずま
歩こうの会 ギズモ









 
-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----