イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ


イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

 タイトル  first update
名古屋でなごむ 2005 01/21
   

 私は滅多にドラマを観ないのだが、先月の番組終了までちまちまと「怪奇大家族」を観ていた。

 「ちまちま」と書いたのは、毎週観ていなかったからだ。幸いドラマ内容は毎回オチがつく短編ものだったので、それでも全然構わなかった。

 ドラマっていうのは毎週観せるために、視聴者の気を翌週へと引っ張って引っ張ってと気になる終わり方で続いて行く。これがどうもついていけない。そこも売りなのかもしれないけど、毎週同じ時間にその時間内で決着が付かない番組を観るのはなんだかやきもきする。

 だから週刊漫画雑誌は一切買わない。月刊も然り。



 ところで年末、あるドラマが放送された。

 「加藤家へいらっしゃい!〜名古屋嬢っ〜」というものだ。

 元は名古屋で三ヶ月間放送された30分構成のメーテレこと名古屋テレビ製作の名古屋製の名古屋のための名古屋への郷土愛を盛り込んだ舞台劇みたいなもの。一ステージの舞台枠内で話が進むアメリカのホームドラマみたいな感じと言えば伝わるかな。二年くらい前に三谷幸喜が手掛けた連続ドラマHR(ホームルーム)にも通じるところがある。
 加藤家という家族間とそれに関わる人たちで起きるドタバタ劇のコメディで、全編名古屋弁で展開されるといった特殊なものなんだが、東京では年末に三日間で放送された。


 短く編集されて放送されたというわけでは無く、全話が三日間で放送されたのだ。


 三ヶ月間放送されたものを三日間で・・・。


 ケーブル放送とかなら一挙放送というのは訳分かる。しかし民放のテレビ朝日でそんなことするなんて正直ビックリした。

 もちろん放送時間帯は凄い真夜中に当てられて、一晩で二時間半とか・・・。

 それでも30分放送で毎回オチが付く短編もののため、長い年末の時代劇ドラマのような重さも無く、軽快なコメディのため時間の長さも大して感じなかった。

 名古屋製のドラマと言っても、加藤家の一員として、全然名古屋生まれでは無い有名な女優人もレギュラーで出ていて、全然知らない名古屋の俳優さんだらけで固められているというわけでも無かったし、「あれ?モデルの重泉充香に、ひらがなに改名したすほうれいこに、石田未来じゃん!」と、その人らが誘い水となりドラマ内容にも入り込みやすかった。

 しかし、先ほども書いたけど全編名古屋弁で展開されていたため、そのためのイントネーションも含め名古屋弁の練習は相当きつかったはず。名古屋の人がここまで本当に使うのかというくらいの徹底した名古屋弁が飛び交っていた。

 ここで登場人物を下に表すと、



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「主人公(次女)と、その彼氏軍団」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「文筆家(パクリのような作品ばかり)を目指す三女」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「長女と、名古屋弁では無い独特の言葉でしゃべる彼氏」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「背が低いのと存在感の薄さをネタにされる長男と、その彼女」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「歯医者を営む父親と、浮気相手の歯科助手」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「カリスマ主婦のママと、不倫相手のテニスのコーチ」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「劇団作家の叔父さん(この人のキャラクターが一番好きだった)」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「中部地区のドン、祖母の美津子。この人が出てくる時はみんな土下座」***



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「加藤家の家政婦の横山さん(年齢不詳)」***



 もっと詳しく登場人物像を言うと、
 本山近くの高級自宅地にマンション(美津子様所有)を構えとる加藤家は、一階で歯医者を開業しとる非科学的な父、光一郎。名古屋で発行されとるマダム雑誌の表紙を飾るカリスマ主婦の母、芳子。フリーアナウンサーで怪力グラップラーの姉、ひばり。ロスに憧れとる東海高校二年の陰険野郎の弟、保。天下のススヤマプロ所属、中学二年の陰険娘の妹、瑞希。それから誰も逆らえん加藤家のドン・コルレオーネ祖母、美津子と、私の七人家族アンド働き者で寡黙で不思議な家政婦、横山さんが住んどって、しかも父の弟で劇作家の雪次郎叔父さんや、バカみたいに色気を振りまく歯科助手、井上晴美。超エリート、姉の彼氏の中村洋一。保の彼女で頭の悪いバンドボーカル、柳田千佳。私の彼氏軍団のメ〜大農学部の昇。チュウケイ大学でオオヤナギスういろうのご子息、篤。アイシル学園歯学部で国家試験挑戦中の康平だったりが、いっつもうじゃうじゃといる大変賑やかな家族なのです。
 で、今、美しい標準語でみんなを紹介しとるが、私、加藤家の次女、カネシロ学院大学生活環境学部三年の加藤環だがね。以上!
 番組の冒頭で名古屋巻きの主人公の環がみんなを紹介するところの抜粋でした。



   ところで三日間と先ほど書いたけど、実は四日間放送された。というのも一日目が「加藤家へいらっしゃい!」のスペシャル番組で、それを真夜中に偶然観てしまって面白かったので、これから放送されないのかなと週間番組表をチェックしたら、真夜中に三日続けて無茶な長さで放送されるじゃないか。正直嬉しビックリした。しかも名古屋では当に全て放送されており、それらを東京で一挙に放送するんだ?とそのとき知った。

 聞けば今年になってDVD化もされレンタルもスタートするそうだ。なるほど、その宣伝も兼ねてキー局で放送されたのだろう。
 元旦からスペシャルの方のDVDのレンタルが始まるため、それに合わせて年末に詰め込んだような放送をしたんじゃないかな。全編名古屋弁のドラマをキー局で、普通の(?)の時間枠にいきなり放送しても視聴率取れるか分からないんで、凄い真夜中の時間帯に詰め込まれて放送されたのかもしれない。
 しかし番組が終わるといつも夜が明けていた。

 また、プロフィールのPAGEにも記載しているが、私の好きなセンチメンタルシティロマンスがOP・EDの曲含め音楽を担当しているのも興味が惹かれた。去年の30周年ライブもケーブルで放送されたのでもちろん録画した。30周年か・・、私ゃ生まれてないでよ。にしてもセンチメンタルシティロマンスが名古屋のバンドとは知らなかった。

 それと原案・演出は「ケイゾク」や「TRICK」を手掛けた堤幸彦氏が関わっているようで、面白いのも納得出来る。早送りにパタパタと効果音を入れて時間の経過を表す手法は上記のドラマでも使われた気がする。この人が手掛けたドラマってカメラワークが他のドラマと一線引いて独特なものになってる。

 今回はコメディドラマのせいか、遊びがたくさん詰め込まれており、例えば主人公の環がナレーションをしている間はみんなの動きが止まる。静止画のフィルムを流してるんじゃなくて、だるまさんよろしく、みんなぷるぷる体を震わしながら、環のナレーションが終わるのを待っている。
 そして過剰なほどに出てくる名古屋弁&名古屋の特定地域の説明の注釈の文字。名古屋以外の人にも優しい注釈だけど、次々と出てくるためなかなか読むのが追いつけない(笑)。その注釈も面白くていい。
 あとは、他でやったら鼻につくはずなのに、このドラマだと鼻につかないのが、自分たちがドラマに出ているというのを本人達が知っているということ。主人公でさえ「ご存知!このドラマの主人公、環ちゃんです。」とか言ってる。舞台みたいになっているからもしれないし、これも鼻につかない。これを踏まえて最終回はとんでもないオチになってるし。

 私は「TRICK」も放送当時は観なかったんだが、DVD化されてから一挙に観てみた。そういえば年末にケーブルで「TRICK」一挙放送という局があった。

 まあ、今回の「加藤家へいらっしゃい!」は一挙放送だったし、真夜中は起きている時間だったので全編観てしまった。観た上に全部録画していたのでまとめてDVDに焼いた。

 そのため、繰り返し繰り返し良く観ている。
 さっきも書いたがスペシャル版はDVD化されレンタルもスタートしているが、レギュラー放送の方は春あたりにDVD化されるようなので当分自分で焼いたのを観ることにする。スペシャル版ももう一回観たいのでレンタルするだろう。


 私には珍しく、それぐらい久々にドラマでハマッってしまった。

 周りで宮藤官九郎がどうの、ウォーターボーイズがどうの、24がどうの、韓流がどうの、世界の中心がどうのと流行っていても「みんなで観たらいいじゃん。」とドラマは観る気がしなかった。
 しかし、誰が出てて何故売れているかだけはチェックしといた。そういう知識は何かと役に立つ。

 映画は年に365本以上観るけどもドラマは観ない性質なのに、久々にヒット。

 繰り返し繰り返し、まるでCDを聴くかのように何か作業をしている間にそのDVDを流している。

 すると耳から名古屋弁が繰り返し入ってくることになるわけだ。まるで英語じゃないけど、名古屋弁のリスニングテープの如く。
 しかもこのドラマは本当に郷土愛が込められているためか、登場人物の会話の中に名古屋の地名や名所、実在するマニアックな店の名前まで出てくる。



 ああ、名古屋に行きたくなって来る。






イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「鳥よ、鳥よ、鳥たちよ」***





 今のは京都。






イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「イーアールカンフーのイーアールって?」***





 今のは横浜。

 ここで名古屋の写真が出てきたら面白いんだが残念ながら行ってない。


 去年は何かと約一ヶ月に一回づつほど新幹線で西に下っていた。月一で新幹線、詳しく言えば往復で二回だが。
 つまり新幹線が急に「もう引かれたレールの上を走るのは嫌だ。これからは自分で自分の道を決める」とか言って脱線しない限り、必ず線路の都合上、名古屋は通っていた。

 でもいつも目的地までの通過地点でしか無い。今月も新幹線に乗ったので、今月も停車している間にホームから名古屋の駅前の街並みを眺めたのみ。


 うーん、名古屋に行きたい。名古屋で降りたい。

 名古屋駅に到着した新幹線の中で「すいません、ここで降ります。起こせってお前らに心の中で言っておいただろう!どうして起こしてくれなかった!東北まで寝てて欲しかったのか!?風邪ひいたらどうしてくれるんだ!?」と言いたい。




 今まで名古屋に行ったことが無いかというわけでは無く。数年前の学生の頃、一度だけ行った。




 京都から車で。




 何を考えたか友人と車で二泊三日で近畿一周をしてしまったのだ。まあ名古屋は東海だがそこは許してちょ。

 最初は一周という目的では無かったように思えるが、車は京都を離れ→大阪→和歌山→奈良→三重→愛知→岐阜→滋賀→京都と、東海も含め下の道だけで貫き通したえらく大回りな一周をしてしまった。

 もうちょっと遠くへ、もうちょっと遠くへの精神で走行距離は余裕で1000kmを超えた。
 しかも車中泊、夜中だろうと、どちらかが運転している間に片方が寝るといった、旅を満喫する余裕の全く無い、一体何を目的にしているのか我々にも分からない過酷ラリーになっていた。ドーパミンだけが止まらずに放出されていたに違いない。

 自分たちで選んだ道とはいえ、京都へ帰ってこれたときの感動といったらそれはそれは表現しがたいものだった。

 相棒といえる車ことTOYOTAのヴィッツもよく走った。こいつの燃費の良さにも驚いたけど。


 話は名古屋での話になるが、二日目に我々の車は名古屋市内に入り、どうせ名古屋に来たならば「味噌カツ」だろうということで、車が余裕で止めれて味噌カツが食べれる店を探して名古屋市内をぐるぐる回った。

 ここで補足説明をさせてもらうと、我々は充分な程くたびれていた。疲れたからといって今更京都に引き戻るにもしても名古屋まで来てしまっていたし、来た道を戻っても、まだ未開の地を進んでも、その距離といったらどえりゃー道のりになっており、とにかく走り続けるしか無くなっていた。それに軽自動車の車中泊というものは疲れが取れるもんじゃない。

 心の疲労もかなり溜まっていた。その前の日は大雨の中、山中の道路わきに停めた車の中でスーパーで購入した既製品で晩御飯を済ましていた。外は大雨、もそもそと狭い車内で食べるご飯はとても我々を切なくさせた。見知らぬ土地で外は大雨、冷たい飯を食べながら居た堪れない気持ちで包まれた。我々は会話が無くなっていたが、会話をしていたとしても大雨に叩かれる軽自動車の屋根の音で会話は聞こえなかっただろう。
 もちろん食事の後、その大雨の中でも車は走り続け伊勢を抜け、昼間には名古屋に来ていたのだ。


 さらに補足させてもらうと我々は道に迷っていた。
 数行前に「名古屋市内をぐるぐる回った」と書いたのは道に迷っていたのもある。この旅はすでにラリー化していたので、「とにかく次の県に行く」ことが目的になっていたため、我々は名古屋に着いても次に行きたかったのだ。今現在の名古屋への憧れが、あのときにあったら名古屋泊していたかもしれない。
 でも次への道のりが分からない。じゃあついで、味噌カツでも食うかねということになったのだ。つまり味噌カツを名古屋で食べようというのも、道に迷ったことに起因する。



 さて我々の車は名古屋市内を本当にぐるぐると回り、灯台の灯りをやっと見付けた難破船のように、「これは!」といった大型の和食店の駐車場に停まっていた。「ここは名古屋だぎゃ」と云わんばかりに、「味噌カツ定食」と書かれた旗がたくさん立てられており、パタパタと音を立てはためいていた。

 店内に入り座敷に通され、適当に名古屋っぽいものを注文した。店内が綺麗なものあったし、なんだか久しぶりに足を伸ばせて休憩が取れて、天国に迷い込んだかのようにかなり居心地が良かった。

 「いいじゃん、名古屋!」

 その店だけが、我々のファーストコンタクトの名古屋であり、まるでそれは名古屋そのものだった。

 甘辛い八丁味噌の乗ったトンカツの飯も美味かった。我々の中で名古屋への高感度は上がるばかり。

 そうだ、そうだ、うちら今迷ってるんだったということで、地図を店内で見るために持参していたのだが、どうせなら地元の人に訊いた方が早いと思い、バイトと思われるお運びさんの女の子に名古屋脱出の経路を訊いた。しかしどうも要領が得ないようで、その娘は中年男性の店長を呼んで来てくれて、そこから店長さんの充分と思われるほどの道説明を我々は受けた。
 「ああ、京都からですかぁ。」から始まり、名古屋へウエルカム挨拶に続き、とにかく名古屋の道というものについてこと細かく、思わず「仕事いいんですか?」と訊きたくなるほど、我々のために時間を割いて丁寧に教えてくれた。


 殺伐としたラリー旅のなかで初めて人の温か味に触れた。


 そして彼は、


 「名古屋城へは行かれましたか?」


 そんなこと私たちは訊いてない。
 まあ県外から来た観光客だから名古屋の名所を回ると思われたのだろう。でも名古屋はあくまでも通過地点なんですとは言えず、改めて「本当に仕事いいんですか?」とも言えず、彼の口から次々と出てくる「名古屋城」というセリフも全て零さず聞き入れた。思えば名古屋城案内が一番時間を割いていた気がする。

 観光客に親切にしてくれた只の地元の人の話と思われるかもしれないが、それはそれは疲れきった我々が感動するには充分だった。「名古屋の人って・・・」。もう一回言うが、この店が我々の名古屋の全てとなっていたのだ。

 それはまるで、卵から孵ったばかりのヒナが生まれて初めて目にしたものを親鳥と思い込む「刷り込み」の習性 如く。


 木の葉だけを見て森を全部見たつもりになるのも安易過ぎてどうかと思うけど、充分名古屋人に対しての高感度は天井知らずになっていた。
 会計の際も店長さんは再度、名古屋の道について丁寧に教えてくれた。小さな蕎麦屋とかじゃなくて、普通のファミレス並みの大型店なのに・・・。

 私たちは店長さんに「また来ます。絶対また名古屋に来ます!」と深々と御礼をして、その店を離れた後もしばらくはその店長さんの話でもちきりとなった。まるで崇拝の対象のようだった。
 腹もふくらんだし元気が出て活気が戻り、何よりも車内には「店長フィーバー」が起きていた。
 名古屋に来た際はまたここに来ようと改めて誓いあった記憶がある。



イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ
***「ありがとう、そしてGOODBYE」***



 旅の話はここで切るとして、大学が関西だったのもあり、クラスメートに名古屋人がいたんだけど、その娘さんもいい人だった。名古屋巻きのお嬢だったけど気さくで、私の個展にも来てくれた。


 名古屋人全てがいいとは、名古屋人の全ての人と面接したわけでも無いので言い切れないけど、とにかく私は名古屋・名古屋人が好きだ。


 名古屋に足を運んでから数年、
 「加藤家へいらっしゃい」を観て、その熱は再度熱しられた。


 というわけで、今年は名古屋に行けたら足を運んでみようと思う。

 「また来ます!」といったからには、約束を果たさなければ。




 そもそも今回のコラムは、「加藤家へいらっしゃい」の話を、いつものように本文に関係ない前フリの話として書く予定で、本文は「大(Oh!)水木しげる展」の話にしようと思っていたのだが、名古屋への想いで話が長くなったのでここでお開きにさせて頂こうと思います。

 にしても「加藤家へいらっしゃい」を繰り返し繰り返し観ているせいで、すっかり名古屋弁に感化され、頭が名古屋弁でいっぱいになっている。普段話す言葉も名古屋弁に成りかねない。多分、もう、少しなっているかもしれない。



 もし、さくまあきら氏のように、東京・京都・鎌倉と家を持てる身分になれたら、私なら最後のところは名古屋にする。


 では、皆さんも機会があれば「加藤家へいらっしゃい」を、でら観たってちょ。










じゃあ、また!



メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
名古屋でなごむ
真アニマル放し飼いの森
日本一の駅弁大会
夢のチョコレート工場
合言葉はSD776GB
月島の目
談話室で談話らない
40周年だョ全員集合!!
インドに桜咲く
leolio.comも三年目だから
凸なすびユンタ
タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○


コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ


コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
たたじゃんPON
No Contents
No Contents


イラストレーターleolio
プロフィール
メール

















おばけ屋敷ゲーム

-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----