イラストレーターレオリオ/レオ李緒/leolioのTOPページへ

駅弁フェア/イラスト日記/コラム



 タイトルイラスト エッセイ コラム 絵日記 歩こうの会 駅弁フェアー  first update
駅弁を持って駅へ 2003 12/01
   


 家の近所に、食料品も含む雑貨品が安い店がある。
 そんな店が近所に存在することは嬉しいし、出逢えたことにも感謝したいんだけど・・・。

 その店の店内で売られていた牛乳達への、手書きのPOPの売り文句に目が止った。



 「賞味期限切れ、温めて飲んで下さい。」




 ・・・そおゆう問題なのかな。
 火を通せばある程度のものは大丈夫だろうけど、しかし食品を売ってる店舗としてこれは・・・。

 それでいいのか、これでいいのだ。

 激安店には珍しく、普段から店の人たちは親切で態度もいいので、こんな物売っててもなんだか許せた。

 もったいなかったのかな?

 もしくは、只の商売人根性か。















 それはどうでもいいんです。


 出逢いは一枚のチラシから始まった。

 
 いつも通りの近所の大型スーパーの変わりないカラーチラシ。

 見開きA3くらいのチラシの真ん中に、レイアウトされた売り出したい食品たちを押しのけて駅弁フェアが開催されていることが告知されていた。


 それ自体でプッシュ感「大」。
 どうやら、全国の選りすぐりの駅弁たちが一同に集まっているらしい。


 日本中、星の数程駅弁の種類は存在するだろうけど、そこに選抜されたのはもちろん名の知れた駅弁たち。
 「駅弁ですか?」と背中から問いかければ、何のためらいもなく振り返ることの出来る駅弁なんだろう。

 野球で言えば、一軍プレイヤーですね。

 一億円プレイヤーよろしく、その駅弁一種類だけで年商一億円駅弁もいるんじゃないかな。
 ベスト オブ 駅弁たちが本来のホームグランウンドの駅を離れて、近所のスーパーへ大集合。


 こう書くと、駅弁の方が偉いような感じだね。
 有名駅弁たち足を運んでくれた、訪問して下さった、といった感じ。
 「ありがたや、ありがたや」と言った方がいいのかな。
 
 まあ、それは言い過ぎだけど、「駅弁フェアー」に人は心ときめくものだと思う。
 ・・・一部の人たちは。




 私も何かときめいた。
 ご当地に行かなければ、食べれない弁当が一箇所で選び放題。
 二泊三日の荷物をバックに詰めて、明日の列車の時刻を寝る前に再確認したりしなくても、乗り継ぎがスムーズに行くか不安に駆られなくても、手ぶらでスーパーに行くだけで、財布さえ忘れなければ選び放題なのである。

 そこらのコンビニの弁当とは違い、なんだか旅の香りも運んでくれるかのような弁当に人は魅かれるだろう。
 旅をしたい、でも日々の生活に追われて忙しい、又は余裕が無い時に、しばしの旅気分を与えてくれるだろう駅弁、そんな駅弁。だから駅弁フェアに行って来た。自分でもよく分からなくなってた。

 こう書くと、駅弁向上委員会の宣伝PRみたいで嫌だなあ。







 実際に行ってみて、食料品売り場から駅弁フェアーが開催されている箇所を探し出すと、すこし絶句した。




 恐るべき集客力。



***「サインしてー」状態***



 さすが人気プレイヤー、群がられている。
 私は今まで二十数年生きてきて群がられてことはない。
 しかし、あの駅弁たちときたら、なんざます、あの藁をも掴むごとくの手の伸ばされよう。
 キーざます!!


 そんなこと言っていると買いそびれるので群れに混ざってみることにした。


 人々の隙間から見える、駅弁の陳列棚を覗くと、ちらほらと「売り切れ」の文字が見える。
 まだ午後になったばかりの時間だというのに、この様。うかうかしてたら、私の帰りの手提げ袋の中はコンビニ弁当になってしまう!
 今頃、先人達の腹の中に人気駅弁プレイヤーは納まっているのかと思うと、このフェアーを少し舐めてかかっていた自分が腹立だしかった。
 時間は昼過ぎ、当に最後の一口もお茶で流し込まれてしまっているだろう。


 自ら購買意欲のコスモを掻き立てなければ買えない!!


 私はチラシを熟視した時点で、購入目標を既にロックオンしていたので、その弁当を買えないとなると、この駅弁フェアの群れの中に居る存在意義は霞と化してしまう。
 その時点で私は駅弁に群がる群れの気迫に飲まれて我を失ってしまっていた。

 しかし、この群れの中で駅弁の神は私に微笑んだ。
 単に私の中でロックオンしていた駅弁が人気がなかっただけかも知れないが、当初の目標の駅弁を私の両手で包むことが出来た。





 ドン!


 ドン!


 ドン!


 ドン!


 その名も





 「秋田 竿燈祭弁当(かんとうまつり)」




***祭りじゃあああ***



 駅弁のポイントの一つはこの普通の弁当と一線引いたネーミング。

 明らかに地元密着主義のネーミングがここに記されている。たいていの駅弁の名前は地方をしょって立つ名前が付いている。
 「俺がこの地方の看板じゃきにー」と言わんばかりに。
 私はこの秋田の竿燈祭など知らないが、弁当の名前に付く程だから、よほどの祭りなんだろう。
 「ヤマザキ春のパン祭り」などとは懸け離れた深い歴史があるに違いない。


 ところで私がこの駅弁を選んだ理由だが・・・

 ・秋田の竿燈祭に憧れがある。
 ・「秋田 竿燈祭弁当」に小さい頃助けられた。
 ・初恋の人が「秋田 竿燈祭弁当」に似ている。
 ・「秋田 竿燈祭弁当」が物陰からいつも見ている。
 ・初めての離乳食が「秋田 竿燈祭弁当」だった。
 ・弁当は好きだけど、そんなに祭り好きじゃない。
 ・提供が「秋田 竿燈祭弁当」だった。
 ・憑いて来た!!
 ・「一緒にモーニングコーヒー飲もうよ」と誘われた。
 ・今夜はワンサイドゲームだった。
 ・ムーライト、揺れてミッドナイトブルースは「秋田 竿燈祭弁当」だった。
 ・上から四番目の兄の顔がどこか「秋田 竿燈祭弁当」に面影が似ている。
 ・消火器と勘違いした。
 ・ラグビーボールと勘違いした。
 ・工作キッドと勘違いした。
 ・シルバと勘違いした。
 ・長靴と勘違いした。
 ・浅田飴と勘違いした。
 ・コピーロボットと勘違いした。
 ・破水しかけた妊婦と勘違いした。
 ・異文化コミュニケーションのきっかけと勘違いした。
 ・心の空白を埋めてくれると勘違いした。
 ・夜の闇を照らす灯台と勘違いした。
 ・夏の風物詩と勘違いした。
 ・優しさと勘違いした。
 ・太陽の塔と勘違いした。
 ・UUUU YEAH!とにかく勘違いした。
 ・時が過ぎても変わらぬ光がここにあった。
 ・すごろくで止った目が「秋田 竿燈祭弁当を食べる」だった。
 ・「秋田 竿燈祭弁当を食べる」のカードを使われた。
 ・奴隷農場で唯一のいい思い出が「秋田 竿燈祭弁当」を食べたことだった。
 ・日本の駅弁であって異国の匂いがいたから。
 ・ずっと前世から探し続けていた、呼び続けていた。
 ・コックリさんの啓示がそうだった。
 ・「汐留スタイル」で特集していた。
 ・「ちちんぷいぷい」で特集していた。
 ・CD売り上げランキングの上位に食い込んでいた。
 ・今年のおしゃれアイテムが「秋田 竿燈祭弁当」だった。
 ・鏡を覗くといつも私の背後に秋田の竿燈祭の光景が見える。
 ・知らない伯父さんに「今年のマストアイテム!」と勧められた。
 ・早朝の占いで「いて座の人は秋田 竿燈祭弁当を食べて」と言われた。
 ・「背がグングン伸びるよ!」と言われた。
 ・「これで君もモテモテ君の仲間入りだね!」と言われた。
 ・「ところで、絵画とか興味ある?」と言われた。
 ・もう、なんか辛かった。
 ・日捲りカレンダーを捲ったら、数字の代わりに「秋田 竿燈祭弁当の日」と書かれていた。
 ・ホグワーツ魔法魔術学校の別館だった。
 ・「昇らない太陽はない」と教えられたから。
 ・お前に釘付け。
 ・竿好き。
 ・竿竹売り好き。
 ・人生がにっちもさっちも行かなくなった。


 ではなくて、その奇抜なフォルムに魅かれたのである。

 例えるならば、ブルースリーの死亡遊戯に出てくる塔よろしく、一見すると縦長六角筒型、簡単に言うと筒のような形状。

 昔、こんな花火で遊んだことがある。夏を思わせる感じの祭の写真を起用したデザインパッケージといい、ますます花火に見えてくる。

 弁当を購入したかと思ったら、花火だったのだ!!

 よく見りゃ裾から導火線も覗いている。





 んなことは無く、やはり弁当。

 駅弁の売りのポイントのまた一つに奇抜なフォルムがある。
 しゃもじの形をした広島の「牡蠣しゃもじ弁当」、牛の顔の形した松阪の「松阪牛モー太郎弁当」、名前の通りの形「ダルマ弁当」、有名な「峠の釜飯弁当」然り、普通、町中の弁当屋にあったら「どうかしてるよ」と言わしめる奇抜なフォルム。

 弁当のケースだけで、コストいくらかかってるんだろう。

 プラスチックではなくて、陶器の入れ物の方の釜飯弁当なんて、弁当代の何%が陶器代なんだろう。やるか!?そこまで!?多少重くても。

 あの釜飯弁当って、旅の過程で行きの列車の中で食べると、目的地の駅に着いてから、あの陶器の釜なんかどうしたらいいんだろう。
 庶民としては、陶芸家の先生でもない限り、使える陶器を捨てるのに抵抗があると思う。

 「弁当の容器としての役割は終わったが、こいつにはまだ可能性がある。このずっしりと思い重量感といい、何かしら使い道があるに違いない。鉢植えにでもしようかな。」

 なんて思ったが最後。それからの旅は、その釜を持って巡らなければならなくなる。

 いくら旅は道連れと言えども、釜とも道連れとは。

 旅先で写真を撮るときの笑顔も引きつるというもの。

 それでも、こんな受け狙いの弁当を作る駅弁業者に拍手。




 とにかく高さがある「秋田 竿燈祭弁当」、かさばる事この上無し。旅人泣かせ、主婦泣かせ。
 拡げた携帯電話の長さより高いぞ。きっとお重のようになってるぞ。


 群れを抜け、購入し、持ち帰りにくさにも負けず無事ご一緒に帰宅。




*************************************************************************





 さて、お茶を入れ一息ついた所でおもむろにカーテンオープンおば。

 竿燈祭の写真でデザインされた紙ケース頭部はまるで肉まんのように捻られている。上から見たアンモナイトかミッフィーの口を捻ったような感じだ。ちょっとお年寄りの方には開けづらいかもしれない。


 そして、ピンクのベールを解いて出てきたのは浅い円筒が三つ。


 およ?

 なんだか、外見のパッケージの「祭りーー!!!」って感じから想像してたのと、少しばかり勢いが違う。形状は想像を見事に裏切らずに筒型のお重が出てきたことには、出てきたのだが・・・。

 ちょこん。

 ちょこん。

 ちょこん。



***イカ飯の輪切りみたい***


 写真と照らし合わせて、三段重ねのお重の中身を左から説明すると、卵や野菜の煮物が入ったおかずのお重、真ん中のお重が酢で締めた魚on酢飯、そして右端のお重が鶏肉on炊き込み飯。
 つまり、おかずの段、飯の段、されど飯の段となっております。


 なるほど、楽しみ方の選択自由、どの段から攻めてもいいよと云わんばかりですな。
 しかし表のパッケージの重層さからすると、中から出て来たこのお重たちがこじんまりし過ぎてる感がする。その少しづつ感も売りかもしれないが、如何せん小さすぎる。





 試しに測ってみた。





 円の直径約9センチ、内部の高さ3センチ。
 ちなみに分かりやすく言うと、セロファンテープがちょうどいい感じにすっぽり入った。
 セロファンテープの大きさと当て嵌めてみていいだろう。

 つまり3セロファンテープなのだ、・・・・・・・・・・・・・小さい。

 お手元にセロファンテープがあったら、見て貰いたい。大きさが実感出来るはずだ。
 それだ、その掌の上のセロファンテープ3つなのよ。


***デユェットしてみた***


 これはあれだろうか、まず列車の中のテーブルは小さい、そのテーブルの上で三つのお重を拡げても窮屈でないように考えてデザインされた結果なんだろうか?なんならお茶も置けちゃうよといった。

 高齢者ならば、この心配りに感極まるだろうが、私は年金をもらうまでまだ40年近くある。なんなら将来もらえないかもしれないが。
 お腹を満たさない分は、列車の窓から見える景色や旅情でお腹ないし胸を膨らませてね、ということなんだろうか。

 しかし、ここはマンションの一室、旅情はここには存在しない。有り得ない。

 このマンション、不動産屋の言うことには駅から1分といった場所にあるため、電車のガタンゴトンといった音は聞こえているには聞こえているが、それは旅とは懸け離れた音だ。なんなら雑音だ。少しばかり耳障りとも思っているし。

 景色は流れているか?ベランダから見えるのは隣のマンションの壁。

 壁が流れるように見えていたら、私は大きな病院に入院しなければならなくなる。




***「先生、明太子を一粒づつ食べてる内に陽が暮れるんです」***
***「んー?今晩からうちに泊まった方がいいかもねー」***




 まあ、いいさ。
 食べるさ。

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ここで、私はさらなる心配りに気付いたのだ。

 ワサビ抗菌シートがどのお重にも載せてあったのよ。

 徹底した食品衛生管理。旅先でお腹痛じゃ困るもんね、そおゆう問題でもないが。

 「安心して食べれますよ」と秋田から言葉が届いてくるかのようだ。そうだ、去年から商品会社の衛生管理などは、ずさん過ぎる。消費者の不信感を高めるのばかり得意になって来ているこの近年。偉いじゃないか!この竿燈祭弁当作ってるところは!
 食べ物を提供するところは安心感も提供しなければならない!なんつって。



  さらに、さらに我々特捜班(私一人)は驚くことになるのである!!














***21世紀の科学の粋***





 伸びる箸の登場なのだ。

 ストローの原理よろしく、箸が伸びるのである。
 こんな箸初めて見た。
 そう、たたまれた状態はちょうどお重の直径内に収まるようになっている。実にコンパクト。つまようじまで入っている。
 全てが心憎い。
 料理は気配りとアイデア、それが目の前に集結していた。


 ところでご年配の方々なんて、伸ばせずにこの長さのままで食べたりする人もいるんじゃないかな。ありえない話ではないね。そうなると、弁当の直径と、付属の箸が同じという特殊ミニマム弁当になりますな。
 箸のナイロン袋に「パチっと手ごたえがあるまで引いて下さい」とあったので、パチっと確かな手ごたえを感じ、では、頂きます。(ちょっと、箸の手に対するフィット感が異質)

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 特筆すべきこともなく時は過ぎた。手の中の珍しい箸の感触に慣れるまでもなく食事は終わった。ちなみに私は酢で締めた魚が得意じゃないのだ。
 弁当から旅の香りはしなかったが卵も鶏肉も、そこらのコンビニ弁当よりおいしかったよ。



 駅で購入する駅弁にはきっと旅情感分の味もプラスされているに違いないが、スーパーで購入して家で食べる駅弁は、やっぱりその分が差し引かれて売られているみたいだ。

 ベランダの向こうの景色が流れてなくて良かったと言えば良かったかもしれない。










 だってね、冷蔵庫がすぐそこにあるから。



 足りないんだよ・・・・・。






           





じゃあ、また!




↓日記才人↓
メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
真アニマル放し飼いの森
真アニマル放し飼いの森2
真アニマル放し飼いの森3


タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○


コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ


コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
たたじゃんPON
No Contents
No Contents


イラストレーターleolio
プロフィール
メール





コスモエタ赤蝮

カレーですか?ここですよ

デジタルオニギリ屋

乃馬土温泉

ロイヤル武術歌劇団

新足袋

スージーQ

しりとり合戦

たたじゃんPON

No Contents

No Contents

No Contents
 
-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----