イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ


イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ

 タイトル  first update
マイナス20℃の氷の世界 2005 08/02
   

 暑い。
 日々これ暑い。
 まいる・だるい・ゆるむの三拍子だ。なんなら多少酸っぱい。
 おのおの一軒一軒、軒先に発火装置でも付けられてしまったんじゃないかと思うほど外は暑い。
 かと言って暑い・暑い・暑いと言ったところで何も変わらない。痛んだ白飯も戻らない。
 涼むには風鈴を鳴らすなんて悠長なことをしてられない。昔と違ってヒートアイランドな国だもの。

 じゃあ寒いアイランドに行けばいいんでないの?
 渡り鳥だって生活しやすいところへ飛んでいくじゃない。
 長距離を飛び続ける羽はないけど乗り物なら世の中たくさんある。

 というわけで−20℃のところに行ってきた。





イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「普通じゃない」***




 北の台地の「流氷 凍れ館」だという館だ。
 「凍れ館」と書いてあっても「こおれかん」じゃないからね、「しばれかん」だから。北海道弁で凍えるの意味合いの方言から来てる。「こおれ」でも意味は一緒だからご安心を。北海道弁についてはこちらを。
 ええ、呼んで字の如く凍ってしまえる館です。暑いからわざわざ凍らせられに北の台地に足を運んでみた。凍えたければ、環境のこと無視してクーラーの温度を18度ぐらいまで低めに設定すればいいだけじゃないかと思う人もいるかもしれないが、ここの凍え館の凍えっぷりと言ったら氷点下−20℃。
 なかなかお家のクーラーで−20℃は醸し出せれないよね。台所で冷凍庫を全快にしてみたところで、そんなものコンロでラーメン一つでも作ればあっという間に亜熱帯地方に早変わり。
 なんなら冷凍庫内の冷凍食品が急速に傷む、傷む。


 普通のご家庭ではどうしようもない空気を味わいたくて、いっちょ涼みに来た。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「ラブホ?」***




 しばれるね〜。
 一見するとラブホのお部屋案内の電光板とダブってしまいそうな、入り口にあった館内の案内板。好きな部屋の番号を押すと人によっては重みのある鍵がガチャーンと自動販売機よろしく落ちてきたりなんかして。
 ちょっと上の写真では見づらいと思うけど、右上の写真に載っているように−40℃の部屋も用意されてる。勘違いして(どんな?)裸になった日には凍傷間違いなし。
 「俺の大事なものがー!!」と叫んだ後にはもう遅い。お宝はきっと使い物にならなくっていることだろう。
 ちなみに氷のベットもちゃんとある。


 では氷の館に足を踏み入れてみよう。

 と入って受付のところにある表記を見て問題が発生。
 デジカメを館内に持ち込み禁止だというのだ。別に館内の様子は極秘事項だから道外に流出禁止令のおふれが出ているというわけでは無くて、デジカメは結露で故障しやすいからどうなっても知らないよということ。
 南国育ちの私としては初めて寒さに脅された。
 そんなに寒いのか?受付横の入り口のドアを開けて氷の世界に入るとデジカメの命を一瞬のものにしてしまうほど寒いのか?
 館内の写真は撮っておきたいけど、デジカメ壊れたら嫌だしね。当然と言えば当然だが受付では荷物を預かって もらえるので、ここは無念だがカバン共々デジカメも預けることにした。ちなみに入り口は一階だが、出口は二階となっており受け渡しは二階でとのこと。
 もちろん交通安全のお守りの次に現代のマストアイテムの携帯電話も同じ理由で持ち込み禁止。とにかくもまあ手ぶらで入っておくんなましと。
 と預ける際、ある貼り紙を発見。なんとここぞとばかりに「使い捨てカメラ」が売られているではないか。しかも言っちゃあ悪いが高値のCDミニアルバム以上のお値段。どこに行ってしまったのか分からない二千円札が要るではないの。今時300円そこらで売っているものがここでは六倍以上の値がするなんて、さすが氷の世界。商魂も氷。
 なんの足代も取材費ももらっておらず自費(慈悲)活動の私がこないなもん買えまっか?オフのコースで無理どす。
 これからはアナログなカメラもいざって時のために持ち歩くことにしよう。バッテリー切れの心配ないしね。にしても使い捨てのカメラのフィルムだってそんな極寒地だと駄目だろう。
 そんなに強いのか、ここで売られている使い捨てカメラは?使い捨てるにはもったいないな。

 というわけで館内の様子は私のエキセントリックでファンタスティポなイラストで多少誇張して描かれるので覚悟しておいて下さい。何事も納得出来る事実が欲しければ現地に行って自分の目で確かめてみてね。

 もちろんこのまま氷の世界に入り込むわけではない。館の外は夏真っ盛り、北の国と言えどもこちらは半袖の夏用の格好をしている。こんな格好で−20℃の世界に入ろうものなら自殺行為そのもの。行ったきり出てこなくなること確実。永久凍土よろしく自分自身が「凍れ館」の新たなオブジェクトになってしまう。
 まあ安心ござれ、ここがクロークでない理由に防寒着を貸してもらえる。さすがに半袖で零下の世界突入は無謀というもの。顔以外完全に覆い隠すような防寒コートを羽織って、入り口付近の籠に入っている軍手もはめる。軍手をはめると無駄に「体力仕事をするぞ!」という意識のモーターが動き出すが、この心意気のままで勢いのある内に重く厚めのドアに手をかける。これで間違えて外に出たものなら大量発汗すること間違いなし。ドア一つでこうも違うか、ドアのあり方について考えさせられるな。

 いざ尋常に極寒の世界に誘われよう。「この寒さ逃すまい!」の意気込みが篭ったドアはとても重かった。さっそく軍手が役に立った気がしたよ。
 心のバックミュージックはもちろんYUMINGの「Blizzard/ブリザード」だ。繰り返されるブリザードのリフレイン、思えばあの曲が生まれて初めて聴いたある意味トランス曲。

 ドアの向こうは正に吹雪、吹雪、氷の世界!吹き荒れるブリザード、自分の掌すら見えないほどの猛吹雪。体温は急激に下がり炎の消えかけたろうそくの如く意識が朦朧に!よだれが、よだれが凍る!もう眠いんだ、ごめんよ、パトラッシュ、せっかくここまで来たのにね、おやすみなさい・・・。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「うがー!!」***




 んなわけないじゃない。

 確かに体感気温はグッと急激に下がってしまったのが唯一肌が露出している顔で分かる。ついで言うと何を思ったかその日はスニーカーソックスを履いて来ていたためくるぶしが寒い。

 さっき数分前に外を歩いていたときの空気と全然違う、体にじんわりかいていた汗が一気に「失礼しましたー!」と云わんばかりに引いてしまった。おお、これが−20℃か、吐く息が白い。夏場なのに白い息吐いてる。吐く息も白ければ当然吸う息も冷たい。
 眠気が起きるどころか目が見開き上げた。ごめん、パトラッシュ、こんなの眠れるわけないよ。
 間接照明か青白い明るさに包まれ、壁や床までが氷で出来ており、天井にはここまでするかというほど氷柱(つらら)がぶら下がっていて、「一切氷のないところありません。」「氷についてはぬかりありません。」といった中々普段の生活ではお目にかかれないような状況の通路を歩く。天井の氷柱を見ながら、インディーンジョーンズなんかアドベンチャー物に出てくる降りてくる針の天井を思い出した。降りて来た場合には絶対逃げ出せませんというほど周りの氷の壁は重圧的だった。試しに軽くこづけば響く氷の厚み、そりゃタイタイニック号も氷山にぶつかれば沈みわな。ああいろんな意味でぬるくないな。
 よく見れば両側の氷の壁の中には「ここは北国なのよ。」とラベンダーが氷漬けで咲いている。氷が溶けなければずっと綺麗に咲いたままでいられる花達、ここなら例え痛みの早い鯖など生モノでもなかなか腐らないだろう。氷漬けのお花畑といった感じだろうか?ミツバチが花粉も取れなきゃ、受粉も出来ないな。

 生モノと言っておいてなんだが、そこら辺はぬかりが無いようで北国を代表するタラバ蟹や鮭やかれいまで氷の水族館と称されて氷の壁に埋まっていた。ああ壁に蟹が埋まっているよ。どんなリフォームの匠でも思いつくまい。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「蟹がね、蟹がおるんよ!」***




 氷の漬けのお花畑には、はまなすやスズランなども埋まっており、ある意味物産展のよう。北国の名産全て氷漬けにして壁に埋めてみましたといった感じだろうか?さすがに「白い●人」は埋まっていなかった。


 そんな異空間ぶりたっぷりのスーパーメルヘンな氷の通路を歩いていると小部屋があった。
 何かと覗けば「南極体験ゾーン」だと表記されている。ここだけは温度さらにさらにさらにさらに低めの−41℃設定となっている。もうご家庭の冷凍庫では絶対醸し出せれない冷気。

 南極と言えばやはりペンギンだろう。太郎・次郎でもいいけど正式に生活しておられるのはペンギン様々。いいねペンギン、鳥って感じがあまりしないもっさい肉体が特に好きだ。鳥系に思えない肉質、マグロのようだ。目なんかまじまじ見るとやはり何考えてるんだか分からないような鳥目なんだけど、どことなく愛嬌がある。あの両手にたくさん荷物を持っているみたいな歩き方も好きだ。
 私の中ではやはり「けっきょく南極大冒険」が幼児期のトラウマと共に記憶に一番強く残ってる。三拍子の音楽をバックに短い足でジャンプするペンギン、たまに穴につまづいておっとっととなるところが好きだった。
 「ペンギンくんウォーズ」
といい小さな頃からなんだか身近な鳥類。なんならスズメより心の距離は身近だ。遠くて近い仲と言えばいいのか。

 ところでここの小部屋だが南極体験ゾーンと言っても中にペンギンが「よっ!」といるわけではない。これまたご丁寧に作られた氷の椅子があるので、そこに座ってサウナのような状態で−41℃を体感する。冷気たっぷり逆サウナだ。いい汗引く。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「手の構造上、タバコを吸うときは両手で」***




 人間はどんな環境にいてもある程度対応出来るもので、しばらく座っていると−40℃も−20℃も区別つかなくなってきた。これが0℃と20℃ならまだ明確な区別が付くのだろうが、共通項は「顔が寒い」もっと言えば「くるぶしも寒い」。防寒着というだけあって体はがっちり防寒されているようだ。

 ほどよく眼球も冷え切ったのでその部屋をあとにした。永遠と氷漬けの物産展を眺めて行くのかと思えば一気に視界が開けた。「今まで通路だけでごめんなさい。」の気持ちが飛び跳ねたように一階・二階分吹き抜けた空間に出たのだ。ああ、だから二階建てだったのね。

 そして「きゃ〜!!」とあまりピンチの意味合いが含まれてそうにない悲鳴が滑り降りてきた。そう二階分の吹き抜けを利用して18メートルにも及ぶ氷のすべり台があるのだ。
 通路の出口こと吹き抜けの入り口辺りがすべり台の先っぽになっていて、ちょうど修学旅行かなんかの女子高生たちが滑り降りて来ていたところだった。防寒着から出ている生足が若さのたくましさを表していた。
 ただでさえはしゃぎがちになりそうな環境下にいるのに、そこにわりかし長めのすべり台があったりなんかしちゃった日には「はしゃぎギア」こと「はしゃギア」はオバー・ザ・トップに入るよね。しかも氷で出来てるんだもんね。

 わーい、私もはしゃごう。
 「はしゃギア」をクイクイっとな。
 すべり台の滑り口はどうやら二階にあるようなので、これまた階段まで通じる氷の通路を進む。途中また新たな部屋を見付ける。えっ何?順番から言って今度は−80℃?・・・ではなく今度は「氷のベッド」がある部屋。
 人はベッドがあると本能からか染み付いた生活習慣からか横になってみたくなるもの。例えそれが100%氷のみで作られていたとしても・・・。




イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「枕まで作られてる」***




 やはり私もその誘惑に勝てずに、ふらふらと氷のベットの上に乗る。思いっきり当然なんだけど硬い。思いっきりハードベッドだ。ホテルなんかのベッドのように調子に乗って飛び乗った日には低い声を挙げてしまうこと間違いなし。打ち所が悪ければ捻挫ってしまいそうなほど硬い。ここまでの壁といい本当に氷ってば硬いというのを再認識したよ。
 弾まないベッドの上というのは動きづらい。漫画みたいに氷の上をツーって滑って行けるのかと思いきや、んなことは全然ない。あくせくしながら枕の部分に頭を置いて天井を見上げる。目に入る景色は氷、背中も頭の下も氷。このまま寝たら死ぬんじゃないかしら?
 頭の部分は防寒されておらずネキッドなので、いい程度に後頭部が冷えてきて毛穴がキューって締まる締まる。とてもじゃないけど寝ていられなくなったので適度に体温奪われたところで退散した。全体アイスノンって感じだった。
 「当社のベットは独自の体温吸収システムが組み込まれており、朝方起きれないこと請け合いです。快適な(永久的な)安眠をお約束致します。」
 熱帯夜だけちょっと欲しいな。


 さあすべり台まで行くべと足を運べど、また新たな議論・反論・オブジェクトがあった。
 えっ何これ?表示を見れば「マンモスの化石」とあった。さすがにこれは北国の名産ではないけど、雪らしいもので形作られたオブジェクトのマンモスの体の一部一部から露呈したようにマンモスの骨の化石が出てる。言い方は悪いけど、ほどよく腐敗した肉片(元・アニマル)から骨が出てきているような感じ。
 あれ?今愛知万博で「マンモス、マンモス、マンモスうれ・・・」とか言ってるのに、こんな目の前に骨の化石があっていいの?ペチペチしちゃうよ。あっちは大行列で待ちあげて見れるようなものを、ここったら牙までペチペチ出来るんですけど・・・。まあいいや、寒いから頭が回らない。象使いでも無いのでたいして興奮しない。

 それよりすべり台!

 氷の階段を上りきって出たところは・・・、


 あれ・・・?


 あれ・・・?


 あれ・・・?


 これってば・・・?





イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「タイタニック!(格好は仮想です)」***




 一階から見てもらった方が絵的には楽しいんだろうけど、あの船の船首が作られています。まあ氷山にぶつかった船がここにあったのね。
 今更タイタニック。というか私未見なんですけど。でもあのポーズだけは再三CMなどで見てしまったので知ってる。上にいた女子高生たちは見向きもしてない。一応船首辺りまで行く。すべり台から滑って行く彼女たちの軌道が見えるだけ、あとは高さ確認。おお、左の壁には大型ビジョンでなにやらそれっぽい綺麗な映像が流れている。ここでロマンチックな気分にでもなれというのか?充分ファンタジーなおもてなしは受けております。ここのファンタジスタっぷりにはイナフです、お腹いっぱいです。これ以上食べたら寒さも手伝って下痢します。

 また奥まったところには「雪だるまの家族」と称され、二体の雪だるまが鎮座。それぞれ赤と青のシルクハット(バケツではない)をかぶり、お父さんと思われる方の雪だるまは黒の点々でボタンみたいなものも付いている。
 そうだね、寒いところを表現するには雪だるまはバッチコンだよね。ちなみに私は南国育ちなので生まれてこの方、「ああ今夜はホワイトクリスマスだね!」と言ったこともなければ、雪だるまなんて一度も作ったことがない。雪=つちのこぐらいの扱いだった。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「異世界でしょ?」***




 実はね、上の写真は一度出てから撮ったものです。出たところがどこも一緒だけど土産売り場になっていて、そこの窓から「凍れ館」内が再度覗けたので写真を撮っておいた。
 異空間ぶりを醸しだしてる間接照明といい溶けることのない氷たち、素敵やん?

 さて話は戻って、彼女たちの後に続いて私も滑ってみることにした。
 滑り口にはゴムで出来たような座布団が何十枚も重なっており、これをお尻の下に敷いて滑ってくんろとのこと。なるほどな、草の土手をダンボール敷いて滑るのと同じだな。

 よいせ、よいせ、よっこいせ、ではでは、お尻の下にゴム座布団を敷いて自分で勢いをつけて滑る。おお、思ったよりもスピードが出るではないか、出るではないか、先ほど女子高生たちが「キャー、キャー!」言ってたのも理解出来る。そして速さと伴って顔に来る風がちべたい。顔切れまんがな。
 あっという間にススーーーーーーーー、ポンッと下に投げ飛ばされた。
 思ったよりもスピードが出るため、すべり台の先っぽで吐き出される。


 ・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・

 結局、ゴムの座布団を持って三往復した、・・・・・・・・・・・・・楽しい。


 三度目は大人として、頭から滑る「大人滑り」を試したいところだったが、このスピードで大人滑りした場合はこのメルヘンチックな世界に鮮やかな赤色を足してしまうことになりそうだったので止めといた。それが大人として賢明だろう。



イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「危険と隣合わせの大人滑り」***




 下の写真で分かると思うけど、本すべり台の横には子供用すべり台もあった。確かに18メートルのすべり台から醸し出されるスピードは子供にはちょっと速すぎるかもしれない。そこら辺はちゃんと配慮されている。




イラストレーターレオリオ/レオ梨雄/leolioのTOPページへ
***「綺麗です」***




 念のため(?)そちらも滑っておいた。


 ここまでが「凍れ館」です。
 思っていたよりこじんまりしていたのでメインのすべり台が一番エキサイトした。−20℃のところにいたはずなのに思わず汗かくところだった。こんなにすべり台を堪能したのはいつぶりだろう。

 ゴム座布団を返して、すべり台横の出口を出るとそこは土産売り場。一階で預けた荷物を受け取る。コートをこのまま着て炎天下の下に出てみたいものだが、それは許されない。
 そして土産売り場の窓から上記の写真を撮ったというわけだ。これからはアナログなカメラも持ち歩くようにしておこう。いつ−20℃のドアを開けるか分からないしね。


 「凍れ館」の外に出て一言。








 「あったけえぇ。」







 夏もやっぱり必要かもね。












じゃあ、また!



メールはこちら
 
元旦から嘉門達夫ライブ
レッカーの上の車窓から
としまえんを歩こうの会
Oh!水木しげる展
しりあがり寿 新春寿始め
名古屋でなごむ
真アニマル放し飼いの森
日本一の駅弁大会
夢のチョコレート工場
合言葉はSD776GB
月島の目
談話室で談話らない
40周年だョ全員集合!!
インドに桜咲く
leolio.comも三年目だから
凸なすびユンタ
凸なすびユンタその後
マイナス20の氷の世界
タワーリングナンセンス
映画の窓から
家の前が
GEISAI-5にジョイン・午前
GEISAI-5にジョイン・午後
雨の日のデパートの屋上
おいしい牛乳
おいしい牛乳 第二話
ひよこ リターンバック
We♥MUSIC
We♥MUSIC Vol.2
謎のタクシー運転手
楽しいお話
愉快なお話
歯がよう
スーパーホラー大会・前編
スーパーホラー大会・後編
キリンジ at Zepp Tokyo
高野寛 at オザミ
東京コンテンツマーケット
ブームがルール
メロンソーダ
新潟にせめてでも
初○○
コレクションする人達
ミルクセーキ
京都・早朝歩こうの会
アベック・ダイビング
キャッスルランド
ライスカレー、水なし
ラフ&ピース
唐突な攻撃
寿司バーGION
晴朗
くじら日和
犯人は圏外にいます
ダバダバダお台場
有線テレビ
横浜のケン
トラウマ坊主
あの豆腐屋の兄ちゃんが
癌ばるな癌
癌センター
四世代子猫王国
四世代子猫王国2
四世代子猫王国3
アニマル放し飼いの森
アニマル放し飼いの森2
アニマル放し飼いの森3
キリンジと武道館
駅弁持って駅へ
バースデーケーキ
コスモエタ赤蝮
カレーですか?ここですよ
デジタルオニギリ屋
乃馬土温泉
ロイヤル武術歌劇団
新足袋
スージーQ
しりとり合戦
厠(かわや)イヤミ百景
もえエコ
No Contents
イラストレーターleolio
プロフィール
グランベリーワークス強火
チコリイッパツ!
メール
歩こうの会 おざな
歩こうの会 うずま
歩こうの会 ギズモ

































   
↑送料無料!25%OFF

   
↑送料無料!12%OFF
ケロロ軍曹 パペットケロロ軍曹


   
↑送料無料!22%OFF
CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)


   
↑送料無料!15%還元

   
送料無料↑人気NO.1↑
PHILIPS SBC-HE580 インナーイヤー式ヘッドフォン


     
↑送料無料!10%OFF↑
大手電気屋の音楽が揃います。


    
↑送料無料!20%OFF↑


   
↑送料無料!22%OFF↑


    
↑送料無料!10%OFF↑


    

↑送料無料!22%OFF↑

    

↑送料無料!20%OFF↑
-----Copyright ©2003-05 leolio. All rights reserved. -----