チコリイッパツTOPへ
チコリイッパツ一覧
2004
辛さ30倍カレーでヨロレリヒ
モア・フトッチョバーガーをつくろう 
妖怪ポストに投函しに行こう   
カレーパン十番勝負    
なろうなろう 明日は藤子の子になろう
オンリロンリオールナイトでOK!
2005
年越し!子猫救助! 
凸なすびと行くBBフェスタ・ユンタ    
真夏のソフトクリーム・パラダイス     
来る前に行く!サバイバルウォ
2006
お茶湯 A WEEK!!
その他もろもろ
厠イヤミ百景
女子マネージャー列伝
消費者言いがかり連絡会
am11:59の深呼吸
歩こうの会 おざな
厠イヤミ百景の一景

猫烏丸OP
 
 
株でいこう! お兄ちゃん
mixiでこんなことまでできた!
ヘンな物さし
変な人が書いた人生が・・・
女性に必要な12の力
魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE (AA)    
あなたの隣に誰かいる
BRING YOUR BOARD!!
ブログ道 (AA)    
オーチンチン
図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀
スージアム (AA)    
もえ式英語攻略法―たった150語でバイリンガル (AA)    
 
ホームに行くなら メールを送るなら
タイトル
Page5                                 

-5日目 2005年12月31日-

 いよいよ大晦日。しかしながら稼げるときに稼がないといけないフリー業、急遽入れた元旦が締め切りの仕事があったため、夜に馬鹿なことやって時間的に下手してはいけないと、昼風呂に入ることにした。これまた年末らしいと言えばらしいが、昼・夜関係なしにやってることは大馬鹿だ。

 そんなこの日の選択とは、




***異国の香り***


 なぜだか日本では「ティー」と言うと、このお茶に限った名称となる。「アイスレモンティー」と言っておいて、レモンの入った玉露が出て来ることは決してない。中国では烏龍茶に砂糖を入れるらしいが、日本で砂糖を入れるお茶と言えばこいつのみだ。どんな種類のお茶でも「ティー」には変わりないんだが、そう「紅茶風呂」で真昼から攻め込んでみる。
 別に余っているのは日本寄りのお茶だけではない、紅茶100パックのボックス。買った日には飲みきることを想定していたが実際飲んでみりゃ、息子七人、娘も七人、お父さんガリガリ、お母さんポテポテの大家族でもないわけで、なかなか100杯完飲なんて出来るもんじゃない。
 飲むより早くその存在すら棚の奥へと忘れたり、ピラミッド型のティーパックなんかへと浮気しちゃったりなんかしているうちに「この日までに飲んで下さったら嬉しいな。」という期限を過ぎてしまった。
 インドだかスリランカだか、日本人の想像するものをそのままビジュアル化したと思われるパッケージに「やわらかな味わい」とあるが、「やわらかな湯触り」を希望する。
 まあ良いではないか、良いではないか、年末特有のナチュラルハイ気分も手伝って昼間から沸かした風呂にティーパックの落下傘部隊を投下。


 投下したものの、こちらの期待に反してその名の紅い色へと風呂が染まらない。


***各々奮闘中***


 各々パックから紅茶の成分を出しているのは目に見えて分かるんだけど、風呂全体を紅色に染めるまでは至っていないようだ。見ているとあの持ってティーパックをゆさゆさする部分を軸に浮いているものと、その部分も含めて完全に沈んでしまっているパックに分かれている。かといって底から上から紅茶成分を出したところで風呂の湯の量には敵わないようだ。
 昨日の麦茶って本当によく出たんだなと再認識。

 どうせなんで中に入ってから、ダメ出ししてみよう。


***踊れティーパック***


 なんだか人形使いにでもなったような感じだ。「ひらけ!チューリップby間寛平!ひらけ!茶葉!」と五本の指の股全てにティーパックを挟んで揺すってみる。偽者ジャンピング行為。でもこれをコップ一杯に対してやった日には、紅というよりも黒くて渋いストロング紅茶が出来上がっていただろうが、風呂の水量に対しては焼け石に水。
 一応透明では無くなっているものの、昨日の麦茶風呂と見比べると何か寂しい気がしたのである物を追加することにした。
 紅茶と言えばアレだろう。


 ミルクにしますか?レモンにしますか?





***大晦日締め切り***


 風呂場から裸のまま冷蔵庫まで行き、うち震えながら物色すれば残念ながらレモンなんて洒落たものは見つからなかったものの、ちょうど12月31日が賞味期限のほとんど手をつけてない牛乳があったため一本投与してみることにした。裸で抱える牛乳パックの冷たいこと、君も年越しせずに年内にその役目を終えたまえ。本当なら胃の中に入って栄養になってもらうのが彼の真っ当な役割だったんだが、私の不注意からあり余って賞味期限を迎えたために湯船にダイブしてもらうことにした。
 普段なら賞味期限なんか二・三日過ぎていても平気で飲むところだが、今日が賞味期限なのも何かの因果だろう。2005年の内にその役目を終えてもらおう。


***ティーパック姿を消す***


 牛乳風呂にしては、これまた量は少なめだが見事に乳白色に染まってくれた。ここに「ミルクティー風呂」が出来上がったわけだ。白く濁ると本当に温泉のように見えなくもない。本物とは効能がかなり違えど見た目には同じ。・・・底の方にティーパックが隠れているけど。

 ではではと冷えた体を温めようと浸かるも、突如の冷えた牛乳投下のせいで風呂の温度がかなり下がってることを体で認識。正直ぬるい。
 冷えた体にぬるめの風呂、とてもミスマッチの組み合わせに風呂に入っても少し震えが止まらない。頑固な私としては、なんだかお湯を足すのは自分のルールに反するので足したくはない。でも寒いこの上なし。
 「牛乳でお肌つるつる」とか、「午後の優雅なひとときをお風呂でティータイム、スコーンがふやけてたまらない」とか言ってる場合ではなくなってきたので、さっさと生ぬるいミルクティー湯で体/頭を洗って風呂場から脱出した。風呂に入ったにも関わらず体温が著しく下がってしまったようなので、昼間からしばしの間毛布に包まうはめとなった。意地を張らずに湯を足せば良かった。
 紅茶と言えばうがい、うがいと言えば紅茶と、当初風邪予防にもと紅茶風呂でも(昨日は麦茶で)うがいをしようと思っていたが、あまりの急激な体温低下にそんなこと一気に飛んでしまっていた。それどころか寒くて風邪ひきかけた。なんじゃそりゃ。

 牛乳で温度も含めいろいろ薄まったせいか、この日の掃除は問題なかった。でも危うく大晦日に風邪をひいてしまうとことだった。なんのために昼間から風呂に入ったんだが・・・。

 さて、この日の「ミルクティー湯」の効能は、
・抗酸化作用(紅茶フラボノイド)
・抗菌作用(紅茶テアフラビン)
・ガン予防(紅茶ポリフェノール)
・中性脂肪減少(紅茶ポリフェノール)
・脂肪吸収抑制作用(茶カテキン)
・代謝促進(カフェイン)
・虫歯予防(フッ素)
・消臭作用
・骨粗鬆症予防(カルシウム)/牛乳
・血圧上昇抑制作用(カルシウム)/牛乳
・便秘予防(乳糖)/牛乳
・不眠症解消(牛乳たんぱく質)/牛乳


 ミルクティー風呂に入っても体から赤ん坊のような匂いはしません。



***********************************************************************


-6日目 2006年01月01日-

 あけましておめでとうございます。結局一睡もせずの迎えた元旦。ベランダ側は別のマンション、玄関開ければラブホテルという立地条件下のマンションに住んでいるために、初日の出なんか拝めなかった。水平線はどこに?地平線はどこに?

 これまたお昼からお風呂に入ろうかね。一睡もしていないために眠いことこの上なし、眠いのならカフェインたっぷりのアレしかないだろう・・・。


***ブルマン***


 ブルーマウンテンブレンド、キン肉マンに出てきた悪魔超人の名は魔雲天、日本に置き換えればブルーフジヤマブレンド、街の灯りがとても綺麗なブルーライトヨコハマ、「私やっぱりお嫁に行きたくない」そんなブルーマリッジ、ともかくブルマン。前に実家に送られていたお中元かお歳暮のものをこちらに持って帰っていたんだが、持ってきた時点で何かが完了してしまい棚の奥で未開封のまま年月を越していた。まだインスタントならともかくコーヒーメーカーなりドリップ作業がいる粉末状のもののため、「いつか使うだろう」と思っている内に未開封のまま、その「いつか」の期限が過ぎてしまった。

 というわけで、元旦は「珈琲風呂」に決定。珈琲も一応お茶の仲間になるよね。紅茶にしますか?珈琲にしますか?今日は珈琲というわけです。

 かといってこのまま珈琲の粉を風呂の湯にぶちまけたら、ただの前頭葉が弱い人になってしまうので、ここでドラ●もんの如く秘密道具を出す。


***無漂白***


 「底が広がる超薄型 だから 素早い お茶出しが可能」と、一瞬生理用品のコピーを思わせる文章の書かれたお茶パック。これに粉を詰めて成分をじんわりと出してもらおう。
 というわけで一度別の缶に移し変えてから、ちびちびと元旦から内職のような袋詰め作業をしていく。


***これを繰り返す***


 非常に地味で苦痛な作業を繰り返し、テレビならば「こちらに出来上がったものが・・・」というセリフが似合いそうな珈琲の袋詰めが数個出来た。まるでお手玉だ。


***少しこぼしました***


 このお茶パックのキャッチコピー通りに行けばいいんだけど、果たしてこれで出るものが出るんだろうか?なんだか失敗してしまいそうな匂い(珈琲の匂いも)がしたので、一度洗面器にお湯をはって、そこに漬けて蒸してみることにした。
 普通に珈琲をドリップする際も、いきなりお湯をドバリンチョとかけずに少しかけることによって蒸して珈琲の本領を開いてから湯を注ぐよね。蒸らし作業が珈琲の味を決めると言っても過言じゃない。そんなルールが台所じゃなくて風呂場でも通用すればいいけど。


***?***


 洗面器に移した風呂の湯に漬けたところで無色のまま。はちな?湯の温度が低いために出るものが出ないのか?一般に珈琲を出す温度は90℃位がいいとされているが、そんな風呂に入ったら即大火傷だ。2006年の元旦早々、人生に終止符を打つことになってしまう。

 数週間後、管理人立会いの下に警察官等が風呂場で一つの死体を発見。しかし現場には謎の珈琲の袋たちが・・・、自殺か他殺か謎が謎を呼ぶ、水道管詰まればクラ●アンを呼ぶ、ベテラン監視官の柴崎鋼ことシバさんの蛇の目が光る、その頃上越新幹線は越後湯沢−新潟間で雪のために運転を見合わせる、はたして犯人の目的は!?殺陣寺剣(さつじんじ・けん)警部補こと閃きの剣の事件簿「琥珀色の湯けむりバスルーム珈琲殺人事件」乞うご期待!coming soon!上映映画館未定!

 閑話休題。
 お茶湯タイムは当然命をかけるほどのことではないので、それだけは避けておきたい。何より風呂の温度を90℃まで上げたいのなら、下から薪でも焚いて直火で風呂桶を焼き上げないと無理な話だ。当然風呂桶の下にそんなスペースなんてあるわけない。じゃあ今からやかんで沸かしたお湯を洗面器にでも注ごうかとも思ったが、当方既に服を脱ぎ捨てネキッド状態。もういまさら台所に立つ気もしない。湯が沸くまで待つ気もしない。

 どうすっぺか?






***強行投与***


 かなりアメリカン(薄味)な珈琲風呂の出来上がり。乱雑な風呂詰め作業のほころびが出たか、珈琲の粉が次々と袋から奇跡の脱出を試みて行く。風呂に拡がって無数の珈琲の粉塵・・・・・・、すぐに後での掃除のことが頭によぎる。後始末のことがすぐ浮かぶようではまだまだ私も駄目だな。

 珈琲の粉が出たせいで、40℃ぐらいのお湯でも「一応出しまっせ」ということか風呂の湯がどんどんダークな方に濁っていく。一応「珈琲風呂」としては成功したと思われる。
 なんなら昨日のように牛乳をいれて「カフェオレ風呂」というのもありだが、ご存知の通り牛乳は昨日2005年の内に使い切ってしまった。それをするなら、鼻っからコーヒー牛乳を注いだ方がより「珈琲風呂」としては完成形に近づくというもの。ともかくガタガタ言ってないでこのまま入る。
 入ったものの、粉が無数に浮いた風呂に入るというのはかなり不快感を逆撫でてくれる。知らぬところで間接の間にも粉が入り込んでしまいそうだ。これまたインスタントコーヒーじゃないおかげで水に溶けてくれないため、粉たちが我が物顔で漂いあげる。本来風呂とは体を綺麗にするものだが、これは明らかに体を汚している。泥風呂、砂風呂と変わらないじゃないか。


***あんまり動くと粉が出る***


 今まで入ったお茶湯では体/頭を洗う際もその湯を使っていたが、さすがに今回のはパスさせてもらいたい。こんなので頭洗ったら髪の毛の間に粉が入り込んで、後で頭をかけばかくだけ珈琲のフケを落とす男として元旦を過ごさなければならない。それ以前にこれを浴びた体を拭いたバスタオルがどうなるか想像しただけでも怖い。藁や草で体を拭くならともかく、これでは風呂ばかりかバスタオルまでペイント・ブラック状態になってしまう。「黒く塗りつぶせ!」とやっていいのは、粉末状のハゲ隠しのみなのだ。

 ええ、さすがに最終的にシャワーで体を洗いました。いくじなしです。

 しかしね、石鹸なんかよりも強い珈琲の匂いはしばらく香っておりました。

 さて、この日の「珈琲湯」の効能は、
・脂肪燃焼作用(カフェイン)
・血流促進作用(カフェイン)
・動脈硬化作用(カフェイン)
・代謝促進(カフェイン)
・ストレス解消(カフェイン)
・消臭作用(フラン類)
・脂肪燃焼作用(クロロゲン酸)



 ちなみに賞味期限の過ぎた珈琲ならまだ素敵な選手がいる。



***都内では売られておりません***


 でもこれを入れる勇気もございませんでした。
 いつかの腸内洗浄のために取っておきます。取り起きしておきます。


***志村も***
leolio.comトップへ チコリイッパツトップへ


-----Copyright (c) 2007 Leolio. All rights reserved. -----