Page2


***どうもです!***





 ええ、胸ポケットからなすび取り出してツーショット写真を撮っているとウェブマスターに気付かれました。
 思わずペコリ、氏もペコリ。生・林さんに会うのは約三ヶ月ぶりだ、詳しくはこちら。
 本日も風になびかせたら右に出る者がいない髪型をされてる、とてもナイスだ。美容室で今度「ボディパーマお願いします。」と言ってみよう。
 ブースの向こうでは氏の余裕の笑顔。
 メインステージでは「眞鍋さんのサインが・・・」とかどうとか聞こえるがこちらは眞鍋嬢より林さん。そういえば前に林さんにiPodにサインをもらった。

 結局はパイの●はヨシダプロさんが食し、続きましてはイラストレーターべつやくれいさんがブース内へと。キーボードの上に何か置いたと思えば、



***"うちゅうじん"と"むし"***




 どうやら缶バッジ用に描いたものが何かしらの過程で失敗してしまったようだ。人生思わぬところで高波が起きるか分からない。ネバマイン。
 それよりもこれまた言葉は悪いがいつも座った目つきのイラストで表される彼女。DPZの中でも独特で特集はイラストと写真が見事に融合してるし、最近はチャレンジ旺盛で更新が楽しみだ。いつもDPZにはイラストで出ておられるので(たまにお顔を出されるけど)、ご本人様の顔を写してはいけない気がしたのでここではアップしません。お綺麗です。



***後ろ姿ならいいよね***




 それから缶バッジの神が降り立ったかのような作業は40・50分ほど経過しただろうか、林さんがちょいちょい時計を気にしてる。そういえば13時からメインステージで林さんと住さんによるデイリーポータルZショーが行われるんだった。眞鍋嬢の集客力なんかには負けないだろう。



***ヨシダプロさんにバトンタッチ***




 「できるかな 缶バッジ編」はヨシダプロさんにバトンを渡されて、ブースを出て行かれる林さん。ヨシダプロさんが席に座られると背後のうずまきが回った気がした。


 ところで、



***アイドル撮影会と化す***




 さすが人気者。次々と言い寄られるウェブマスタージェダイ。そんな様子を尻目に、さあデイリーポータルゾーンを堪能すっぞと思いきや、メインステージでデイリーポータルZショーが行われる時間が押し迫ってる。では先にステージの方の席をとっておくかと、そちらへと踵を返した。

 始業式、卒業式、入社式、とあるセミナーで見かけるような積み上げるタイプのパイプ椅子がずらずらっとメインステージの前に並べられている。それを取り囲むような緑のバリケード。入るところが一つなら出るところも一つ。
 なんとなく一番前に座ってみる。ステージに目をやればデパートの屋上のなんとかショー、売れない演歌歌手のショーが行われるステージなんかより遥かに大きい。演煙焚き師みたいな職業がいれば、そこそこ煙の焚きがいのあるステージだろう。バックには大型ビジョン。

 大きく分けてステージから見て右側の方の列に座ったのだが、目をやれば左側の列の方は既に人でぎっしり。しかもみんな手に大き目のパネル。
 そうなのだ、その日デイリーポータルZショーでは甲子園のPL学園の応援スタンドなんかがやるパネルを使った人文字を行うと前々からサイト内で告知してあった。裏表白黒のパネルを使ってみんなで人文字、しかもDPZのロゴを作りそれをサイトに載せるという。さらには白か黒か指示は一切無しのお客さん任せ。
 やっぱり凄いな、どこか違うよね。
 ほら、人文字って汗だくで頭にタオルなんか巻いたりして何回も何回も息合わせる練習したり、もしくは偉大なる●●様のための服従心の結束を固めるためとか、とにかくたまたま隣に座った人同士で練習無しの一発本番でやるもんじゃないよね。
 まあ想いは「デイリー」、他人様同士でも想いが一つならなんとかなるだろう。・・・関係ないけど「想いはデイリー」ってセリフなんだかいいね。今度いつか使う機会があれば使おう。

 例1:「おまんじゅうへの想いはデイリー」
 例2:「お地蔵さんへの想いはデイリー」


 ステージ横には飲食禁止、撮影禁止など何処の国の人が見ても明らかに理解出来るマークが表示された看板が立っていたので写真は撮っていません。イラストで我慢して下さい。

 しばらくすると、大音量にて「手品の登場シーンでは定番」のあの音楽と共にナポレオンズが現れ息つく間もなくいきなり首の回る手品を・・・じゃなくて林さんと住さんがみんなの温かい拍手に包まれてステージに現れた。眞鍋嬢に引けをとらないオーラが。

 軽いオープニングの会話のキャッチボールの後、「なんだ?なんだ?何さやってんだべ?」と人の波に押されて席についてしまった人のためへと、DPZとはなんぞやを後ろの大型ビジョンを使って説明。
 出てくる写真とかが面白いんだけど、詳しく言うとこれから大阪、名古屋に足を運ばれる方へのネタバラシになっちゃうんで言いません。ごめんね。

 さて時間も限られていることでと、早速人文字撮影会が始まった。
 パネルを持っている側のお客さんたちはスタンドアップしてもらい、まずはこの時間は「Daily Portal」の「Daily」のスペルの人文字を作り、残りはまた後の時間のショーにてと。で撮影は?と後ろの壁の上部の小窓がパカッと開きライターの古賀及子さんがこんにちは。その鳩時計の窓のような小窓から彼女が撮影をするらしい。
 その下にはボールボーイよろしくこれまたDPZでおなじみの乙幡啓子さんがスタンバイ。スタンバイ理由は後ほど。
 小窓の上部の縁にはチカチカといくつもの電球が点滅している。及子(ちかこ)だからチカチカとかなんとか。
 長者町であのようなネオンを見た気がする。ちなみに古賀及子さんの後ろは漆黒の闇、チカチカが映える映える。



***ショータイム***




 まず筆下ろしの「Daily」の「D」を撮影してみることに。お客さんたちのおおよその自分の位置の自己判断の元にパネルが黒か白かひっくり返され掲げ上げられる。上げられるも客席にいる私たちはどのようなことになってしまっているのか判断がしようがない。
 おぼろげな人文字が見えているのはステージ上のライターさんたちだけ。しかし一切「そこの君そりゃないよ!」という指示はしないことになってるのでQRコード、もしくはもみ海苔まぶした白米のようになっているのは明らか。弁当箱のフタの裏にももみ海苔が引っ付いてしまってたりしてる状態だろう。壇上の苦笑いがそれを表す。なんの、人間見ようと思えば、小さいお婆ちゃんが大きなゴミ袋に見えるときもある(ないか?)、一時的に乱視になるしかない。

 そして鳩の小窓から古賀さんが撮影。ファーストショットはどのようになっているんだと一度みんなで見てみようということになり、取り立ての画像を記録したコンパクトフラッシュカードをガチャガチャのケースに入れる。
 そのガチャガチャケースには紐が付いており、小窓からするするっとなと垂らすように下に降ろし、ここで先ほどの乙幡啓子さんがそのケースを上手にキャッチ。この日見た二つ目の「光」となるだろう。「光」とは何かを私達に分かりやすくディフォルメして見せてくれたと捕らえよう。壇上のパソコンのリーダーにインサートして画像を開いてみる、・・・が何かしらお時間がかかる。
 心の中で「頑張れnifty!」と言いたくなる。胸ポケットの中のなすびもじらされる。
 壇上のパソコンを見ながら、「ああ、あの上にあるのが偽・高級羽毛布団なら面白いな。”某デパートで100万円は下らないこの高級羽毛布団、欲しい人は手を挙げて!”」なんて、そんな詐欺に親戚が昔引っかかったななんてことを思っていると、後ろのビジョンにダヴィンチコードが!じゃなくて先ほど「D」の文字。
 イニシャルD・・・、D?D?撮影場所の制限で斜めから全体像を撮ることになるので、はっきり言えば出てきた写真はちと読みづらい。う〜ん、目を細めればなんとなく。
 昔、「ヒントでピント」でこんなクイズあったな。
 言霊の呼びかける通りDなのだろう。きっとDだ。

 そんな感じで、コンパクトフラッシュカードは乙幡さんから古賀さん、古賀さんから乙幡さんへと行き来を繰り返し撮影は続けられた。何度か鳩の小窓が閉まったきりになり、住さんが呼びかければ見知らぬ人がパカッとな・・・と思えば古賀さんのお母さん。住さん曰く「あそこは家族でライターですからね。」、確かにDPZにもよく出てこられる。

 コンパクトフラッシュカードから画像を読もうとすると調子が悪いのかなかなか映らない。やっとこさビジョンに映し出せば・・・・・・・なんとか文字に見える。心の目で見ればちょっとしたドット文字、ファミコン書体じゃないか?「本当にサイトのロゴに載せるの?」なんて声が壇上で上がるが・・・見える、見えるよ。みんなの想いは一つ、想いはデイリー、見知らぬ人同士がいきなり一つのことに向かって協力体制をとるって素敵やん?
 本当に読者に協力させたくなるようなサイト、それはデイリーポータルZ、想いはデイリー(ごめん、気に入った。)
 残りの「Portal」の部分は今度は15:30〜16:00のデイリーポータルZショーにて。
 最後に私が座っている側、ステージから見て右側の人が寂しい想いをしているだろうという粋な計らいで、パネルがこちらにも回ってくる。かといって「勝利」なんて複雑な文字をするわけでもなく、こちらもみんなで掲げてみる。
 てなことしている内にお時間がカミング。
 鳩の小窓からは古賀さんのお母さんがインフレ状態になっていた。


 思いついたんだが、



 人文字で相手チームに攻撃・・・、




***たまにはお願いも***




 なんて甲子園でやれば面白いのに。いやいや、健全ななんとかにはなんとかやら、高校球児には真っ向勝負してもらわなきゃあね。
 これまた関係ないが、「球児」って「たまご」って読めるね。












Page3こと、まだまだ続きます。






   


レオリオトップへ チコリイッパツトップへ
-----Copyright c 2005 Leolio. All rights reserved. -----